先日の記事に、

「新潟が梅雨明けした」

・・・と、書きましたが。
実は、明けていなかったようです。爆


昨日から本日にかけて、結構な雨が降っております。
関東は水不足だっていうのにね…各地で落差がありすぎですよね。
今年の新潟の梅雨は、本当に雨ばっかりの印象です。
それも、今週半ばくらいまでかなぁ、とは思いますが。


今週の金曜から、日曜日まで出張研修で東京まで行きます。
土日も研修会なので、今週と来週の平日1日ずつ代休がもらえます。
その一日目が本日です。

平日休みなんて久しぶりー

…でもなかった!!
マッキーの新潟公演後の月曜日は余韻Dayと称し有休取ったんだった●


そうなんです。
東京まで行きますよ。
研修先は、東京都清瀬市の会場なのですが、宿泊は池袋です。
田舎者の私からしたら、「池袋」なんつー単語は背筋が凍るほどです。
それなら、まだ東京とか上野とかの方が安心感ある。新幹線停まるので。

池袋…

勝手な偏見ですが、怖い街 のイメージです。笑

もちろん、実際そんなことはないんだろうけどね。
そして、私一人で行くわけではないので安心なんですけどね。4人で上京予定です。
ちなみに、3日も留守にするわけなんですが、その間娘わーさんは佐渡へ。笑

相方に3日間はきっと修行レベルと思われるため、
ちょうど愛知から姪っ子も夏休みで佐渡帰省中ですのでちょうどよかった。
今からわーさんはわくわくしておりますwww

どこかでマッキーに遭遇できないかなぁ、なんて厚かましい妄想をしております。

頑張ってきます。



さて本題です。
最近、うちの相方氏(37歳B型)。

朝、いつもより30分ほど早く起きて、筋トレなるものをしております。
先日も、通販で何やら怪しい段ボールが届きまして…


一体これは何だ?


と、思い、問い質すと。



プロテイン



とのこと。
え???どういうこと?
毎朝の筋トレにプロテイン???爆



お前は一体何を目指しているのか…



ちなみに、うちの相方氏のボディは、意外にもシュッとしており。
シックスパックとまではいきませんが、割としまっております。
逆にワタクシのお腹はダルンダルンのボヨンボヨンでございます。
先日も娘わーさんに「ママのおなか、お餅みたいだね~」だって●



え?何ですか?彼はシックスパック目指してんの?



聞くと、、、特に目指してはいない、とのこと。

モテたいのか?彼はモテたいのだろうか…
何か昼顔みたいなのを目指しているのだろうか●●●


「あんたはアホですか?」


と、あしらわれましたが、本当のところはよく分かりません。
去年、健康診断でひっかかったから、との理由だそうです。
しかし今年はセーフ…だったはず。

はっ!

それか、、、私にも痩せろ!!と暗に示しているのだろうか。

むむむ、それはそれでプレッシャーだわね。



この夏、うちの相方の腹が6つに割れるのか否か…こうご期待ですっ!!







[PR]
# by momost9520 | 2017-07-24 08:48 | 徒然日記 | Comments(0)

”桃” の破壊力


毎年、新潟の梅雨明けは関東より少し遅れます。
「”関東甲信”の梅雨明け宣言です」
と、いつも「関東甲信越」の「越」が仲間はずれなのです。

ただ、今年は違いました。

関東甲信越の梅雨明け宣言したみたいです!
よし!新潟、頑張った!!笑

心なしか、ジメッと感は和らいだ気がしますが、どうでしょうね?


本日、職場の送別会でした(飲み会ですね)。
この世から無くなってほしいものトップ5には入ります、「職場の飲み会」●
飲むのは好きですよ、、、ただ少人数で飲みたい。苦笑
できれば2人でのさし呑みがベスト。せめて4人までですね…
そんな消極的なたんぽぽ毛ですが、本日も地蔵のように2時間。笑

ただ、今の職場も9年目に突入ですので。
だいぶ古株となってきております(それはある意味恐ろしいことですね…)

いや、、、そろそろ慣れろやっ!!●●●

って声が聞こえてきております。
分かります、はい分かるんです。
でも慣れないのです。。。私より年下の若者の方が大多数。
小心者というよりは気にしいさんなんでしょうな。
受け身な自分がそこにはいて、自分のダメなところでもあります。


そんな中。


本日の席。
クジを引いて決まりましたが。
長テーブルの一番端。
位置的には上座ですよ。
ワタクシみたいなもんがよろしいんでしょうかしら●
今夜は割と当たりの席でした、終始平和な感じな時間経過でした^^


ちなみに、私の槇原変態、、、もとい、槇原好きに関しては、
同部門の同僚や少し親しい人なら周知の事実なのですが。
本日座った横、前の席の方にはまだ知られていなかったようで…
なぜだか私の結婚式の話になり、
そこから話が波及して、槇原さんの話へ(ナゼニ?)


そしたら、隣の席のメンズが、


「槇原好きなんですね…「桃」いい曲ですよね」


だって!!



  
2001年4月25日発売。通算23枚目のシングル曲。

マッキーファンの中でも人気の一曲です。
2001年4月と言えば、槇原さん復帰後割とすぐですよ…
PVでも徐々にカメラの前に近づいてくる、みたいな演出ですよね。

ファンの間では、かなりメジャーな曲ですが…
過去に「桃」について畏れ多くも語った記事 ⇦ご参照ください。爆)


マッキーファンじゃない人で、この曲を知ってる???




君、さてはマキハラ好きですね?




否定はしていましたが。
「桃」が好き、という時点で「ファン」の仲間入りですー♪
ちなみに彼は私より6歳下なのですが、

「大学時代に初めて聴いて、歌詞の深さに驚いた」 そうです。

桃、発売当初は私自身が大学生でしたので、彼はまだ中学生くらい???
まぁ、この歌を知るまでのブランクありますけどね。
むしろ、なぜそのタイミングで「桃」を聴いたのかが謎ですけども。


そして続きます。


「”僕が一番欲しかったもの”もいいですよね」


くるね、くるねー!!いいよいいよー!(何様?●笑)
こういうの、もっと欲しい!爆


僕が一番欲しかったもの
2004年7月28日発売。通算32枚目のシングル曲。
(前年、BLUEに提供した「THE GIFT」のセルフカバー曲)

2004年なので、むしろこっちの方が彼の場合、大学時代ドンピシャですかね。


この「僕が一番欲しかったもの」と「桃」に関しては、
私の中のマッキーBEST10に入るほど好きな曲です。


そんなたんぽぽ毛です、テンションめっちゃ上がりますよね。。。
ただ、そこでハメを外しすぎないのが小心者たる所以でございます。

そうこうしているうちに、席替えタイムとなり、、、
マッキー話に関しては宙ぶらりん。
もっと歌詞について熱く語り合いたかったーーー、残念。笑



とりあえず、次回の新潟公演。ご新規一名様ーーー♪ で、よろしいですか?笑



いや、どこに隠れているか分からないもんですね。
まぁ、彼は「決してファンではない」とは言っていましたが。。。苦笑
まだまだ探せば、うちの職場内、職員数半端ないのでもっといるはずですねー

地道な活動を続けようと思いますっ!






[PR]
# by momost9520 | 2017-07-21 23:51 | 槇原敬之さん的なコト | Comments(2)

海の日ですか。

今年からは「山の日」なんていうのもできましたからね。
「川の日」とか「森の日」とか、果ては「自然の日」とかできたらいいんだわ。
日本人は働きすぎですので、どんどん祝日を増やしてほしいものです。

昨晩、ワタクシが愛してやまない槇原敬之氏のDVD鑑賞中の出来事。
相方氏がトイレで起きてきました。
ちょうどマッキーのMCタイムだったのです。


「うわっ!マキハラしゃべってる!!」


と、言い捨てて、また床につきました。


まぁ、、、
この際「マキハラ」と呼び捨てにしたことは横に置いておきます(許しがたい行為ですが●)

マキハラシャベッテル?

そりゃ、しゃべるだろって●
あなた様と属性は一緒のはずですけれども●●
かなりイラっとしましたもので、日記に書いてやりました。爆
(マッキーファンに石を投げられたらいいのですヨ●)
歌手の人のトークってそんなに珍しいんですかね。
うちの相方は詳しくは聞いたことはないですが、ライブとか行ったことなさそう。
いつも、顔に似合わず●洋楽のギャーギャーうるさい系のやつを聴いてますので。
あ、昔フジロックとか行ったことあるとか言っていたような…ふぇす かよ●怒


さて。
本日はワタクシ学生時代の友人6名とランチで女子会してきました。
学生時代の友人なので私と一緒の、全員30代後半。
なので「女子」と言うにはおこがましいのは承知の上です。
そして、全員ママになっていて…時の流れを感じるねぇ。
めずらしく娘わーさんが一緒に行きたい、と言ってきましたので連れて行きました。
(普段は人見知りなので、絶対一緒に行かないのです)
他にも二人ほど子連れでしたが、いや~、楽しかったなぁ。


そこで、はたと気付きました。


話す内容と言えば。。。
・子供の話
・旦那の愚痴
・旦那の愚痴
・旦那の愚痴
あれ?●
・旦那の愚痴

・少し仕事の話。。。

まぁ、こんな感じです。
圧倒的に旦那と子供の話が中心となっていました。

私は普段、このブログ内で変態的な部分をさらけ出しておりますけども、
そんな自分は一切おらず、まぁ基本的には聞き役なんですけどね。

でも、話せって言われればどんどん話しますよ。

「槇原敬之、新潟来たんだよ」 とか。
「このマンガめっちゃ萌えるー」 とか。

ただ、、、
そんな話を聞いてくれる人は果たしているのか。
共通の趣味を持つ仲間であればまた別ですけども…

おそらく、一般的な30代後半女性。。。


私、かけ離れてるわー


帰宅後、何だかそんなことを考えてしまい、軽くへこみ。苦笑


あ、でも決してそういう場が嫌とか、つまらないとかでは全然ないのです。
今日の女子会(だから年齢が●)だって、めっちゃ楽しかったし。
私も軽く相方の愚痴など話していたし…
ただ、このブログを書いている時の熱量とは少し違う気がしまして。


本当に学生の頃と違うのは、
色々な立場の自分自身がいるってことですよね。

・母の私
・妻の私
・主婦の私
・職場の私
・マキハラ変態の私
・腐女子の私
・37歳の私

おっとー、色々な「私」が出てきましたねー
どれも本当の私であって、うそ偽りはないのですが。
一日のうちでどのくらいの割合で顔を出すかってことですかね。


小さい頃、30代後半なんて「すごく大人」と思っておりました。
それがどうでしょう、こんな仕上がりになっておりますが・・・笑


ちなみに、

30代後半 女性 一般 生活

上記で検索してみたところ。
c0357757_23480116.jpg
こんなものがヒットしてしまいました。爆

なんじゃこら。
お姫様抱っこって!
どんなイメージだ!!

そして、よく見ると「30代後半」じゃなさそうですが●苦笑
でもちょっとこんなのも憧れる。


私、身体は37歳ですが、心は中学女子です。爆
イタい、イタすぎるぞ自分!!



歳相応って一体何なんだろう…本気で考える一日でした。




[PR]
# by momost9520 | 2017-07-17 00:02 | 徒然日記 | Comments(2)

おやつカルパスが好きすぎるたんぽぽ毛です。
最近は5cmくらいで1本10円のやつが売られていますが。

私、、、たぶん300本くらいイケちゃうわ、、、たぶんwww

ただ、体には悪そうですけども●
娘には「大人の食べ物です」と言いつつあげない最低な母です^^;


昨年度までは時短勤務をさせていただいておりましたが、
今年度からはフルタイムで働いております。
その影響からか、歳のせいか何なのか、、、一週間の経過が早すぎます。
ブログも書こう書こう、書きたい!と思いつつも、そのまま夢の中へ。

ただ、昨年のこのブログの更新率と比較したら、今年は金メダル級ですよ(自分で言う●)
そんな感じで自分自身を鼓舞しております。
最近はあまり定時にも帰れなくなってきておりますが、
夕方17時過ぎくらいから、夜22時までの5時間は…
「え?!」って言うほど短いです。。。

ちょっと残業し、娘を保育園まで迎えに行き、(たまに買い物して)、
帰宅後夕飯を作り、ついでに翌日の弁当も作り、食べて、娘を風呂に入れて、
寝る前にちょっと戯れて、、、そして寝かしつけ、、、私も一緒に落ちる…

そんな毎日を過ごしております。
そんな感じなもんで、あっという間の5時間です。
なので、休日の夜っていうのはだいぶゆったりとしていてよいですね。
色々な方のブログも覗きに行けますし、自分のブログも更新できる。
読書タイムという名の「腐女子活動」もできますし。苦笑
あ、マッキーのDVDも観られますね。。。そして今も「おもてなし」DVD流れております。


たんぽぽ毛さん、「おもてなし」好きすぎませんか?と言われそうですが。


ハマったら、なかなか一途なワタクシ。ご了承くださいませ。



…ということで、本題です。

ワタクシの愛してやまない槇原敬之氏の「Believer」ツアーが無事に終了。
もうネタバラシOK、とのことで、ここで少し反省会です。
こちらのブログにお越しの数少ない、そしてコアな皆さま(いつもありがとうございます)。

覚えておりますでしょうか?

ワタクシ、今回のツアー参戦前に、


歌ってほしい歌!を何曲か選びました。。。(2017年4月13日の記事をご参照ください)
再度書きます。


四つ葉のクローバー
The Average Man Keeps Walking
桜坂
Firefly
Gazer
Remember My Name
Such a Lovely Place
Anywhere
僕が一番欲しかったもの


お気付きの方、大多数と思われますが…


まさかの、1曲もヒットしなかった・・・●●●


という事態に陥りました。がーん
私は今回のツアーは、新潟2Daysと東京公演4回目に参加しました。


新潟が私にとってのライブ初日でしたが。
意気揚々と「歌ってほしい歌、9曲もあるから1曲くらいはー」
などと、軽く考えておりましたが。


お、恐ろしい、、、
どうやら私と神毛利とは、全く合わないのだな、、、とがっくし。
いや、でも新潟1日目で歌ってくれた、「Sakura Melody」はよかったーーー

初めて聴いたんですが(え?●)、よかったーーー

えぇ、日本一のファソを自負するワタクシたんぽぽ毛。
何と新潟公演の日が、この曲の初聴でした●●●(ホントすみません)


イントロ流れてきても、

「ん?はて…?この曲は???」

確か、特に曲の説明をせずにすぐに歌い始めたんですよね。
曲終わりに「今の曲は~」みたいな曲紹介はしておりましたが(私の記憶が確かならば)
その後はお馴染み(?)のイカさんの歌でしたからね。笑


なので、

「おっ!?新曲か?!」

なんて思ってしまった私は、本域のファソだと思いませんか?爆
マッキーの提供曲と聞いて、なぜだか「ハトマメ」がすぐに浮かぶたんぽぽ毛●

結局、マッキーどのくらい曲提供してんだよ、って。
新潟では13曲?って言ってたような気はしますが、東京では24曲?と訂正していました。

もっとあるんじゃない?

って、思いますが、どうでしょう???
ファンの皆さまー(ワタクシはファソなので当てになりませぬ●)


そう、新潟公演終わりで。
自分の予想がことごとく外れてしまい、軽くやさぐれていたのも束の間。

マキ友さんから、
「たんぽぽ毛さんが予想していた曲、歌われ始めましたよ」との知らせが!!


何ということでしょう~♪


…というか、本心は「今頃かー●」でしたけども。
本来、私は今回のツアーは新潟公演のみの参加でしたもので。
でも、悪あがきをして東京公演をねじこみました。苦笑


そう、その東京公演4日目に参加!!



歌ってくれました、四つ葉のクローバー



きたーーーー!!!
マッキーありがとうございますっ!!
さらに、「PAIN」の弾き語り付き(これはたまらん)

この四つ葉のクローバーは私にとっても思い出深い曲。
あ、いや全ての曲に思い出深い思い出があるのですけれどもね…苦笑

その中でも特にこの「四つ葉のクローバー」は!!
話すと長くなるので、割愛します●(おい●)
だいぶ端折ると、「娘とのとても繋がりのある曲」なのです。。。はい。


ライブ全然関係ないけど、
この曲のPVの最後の大サビのところの、
ピアノを弾かずに指揮者みたいに手をタクトのように動かしている部分がツボです。
しかも、何かに反射して映ってるんですよね、ピアノ?だった?水面?だった???
相変わらず曖昧ですが●●●



そんなわけで、新潟公演のサクラメロディーと、東京での四つ葉のクローバーは痺れた。
サクラに関しては、ライブ終わっても本家をずっと聴いておりました。
マッキーの歌っているものはないんですよね、、、とても残念。
私の耳に録音機能があったらなぁ~、って思ってしまいます。泣



ちなみに、予想曲の「Anywhere」も後半、結構歌われていたみたいですね。
この曲はAメロ歌い出しの
「光るタワーの上の方が 低気圧の空に飲み込まれて」、、、の部分

大大、大好物でございます!

東京4日目は収録日とのことで、今後DVD化を希望しますが、
この日替わり曲のところだけでも、全個所繋いで特典映像とかにしてほしいなぁ~



でも、特典映像。。。

セレブレDVDを筆頭に、
今までろくに観たことがない私は、やはり安定のファソだったわ●●●






[PR]
# by momost9520 | 2017-07-15 23:57 | 槇原敬之さん的なコト | Comments(0)

新潟はまだ梅雨は明けません。
このジメジメ感、何とかならんもんですかね。

そんな中・・・
何と奥様。
ワタクシの愛してやまない槇原敬之さん。
3月から始まったコンサートツアーでしたが、、、先日無事に千秋楽を迎えました。

いやー、3ヵ月半くらいでしたが。
思い返すと本当にあっという間でしたね。
私は今回のツアー、参加したのは

新潟2Days(4月15/16日)
東京(6月2日)

上記の3公演です(^0^)
今思い返すと、、、もっと行けたんじゃなかろっか?という感じですが。
まぁ、結果論的な後付けなものでね。。。
ということで、ぼちぼちとネタバレ記事をば…爆


・・・ここでその記事を書かないのがたんぽぽ毛でございます●●●


あ、決してメンドイとかそんなことは、、、ごにょごにょ●
壮大なネタバレ記事を読むならば最適な場所がございますので、そちらへ。
ぐるぐる☆のりまき缶
↑↑↑

マッキーふぁんならば、今や誰もが知っているレジェンド朝陽さんのブログです!!
もうオフィシャルでいいんじゃね?って思ってますが、これ以上言うとご迷惑が。あわわ
(朝陽さんゴメンナサイ。。。)



ということで、ワタクシ本日は、
槇原敬之さんのDVDについて語らせていただきます。笑


しかも、らばぴーでもなく、すたーりーないとでもなく…


「おもてなしツアー」DVDです。


前々から、結構話題には出ておりますが…
このDVD、本当に槇原さんダイジョウブデスカ?カッコヨスギマセンカ?と思うほど。
なぜか片言となってしまうほどのカッコ良さと歌の上手さでございます。

先日、「銀の龍の背に乗って」がとてつもなくヤバい!と書いた記憶がありますが。
本日はDisc1をメインにお話しさせていただきたいと思っております。
Disc2はさらに大変だーということなんですが、それは後々。
特に、真夏の夜の夢とRIDE ON TIMEは呼吸困難必至ですよねっ!!

ここ何日か、ちょっと低空飛行でしたが少し浮上するキッカケとなっております。


ちなみに、このおもてなしツアーは、私は行けておりません。
娘わーさんがまだ乳児だった、ということもありました…
今更感否めないですが、、、


無理してでも行っておけばよかったーーー
(わーさんすまぬ●)


さて、さっそく。
本日ご紹介するのは、Disc1/12曲目「僕が一番欲しかったもの」

このおもてなしツアーは、ほぼほぼカバー曲で構成されておりますが、
この「僕が一番欲しかったもの」はマッキーの代表曲となっております。
ワタクシの中でも、5本の指に入るくらい、、、好きな曲です。
(何か、何本指があっても足りないくらい好きな曲多くないっすか?●)

歌自体がもう心震えますので、歌ってる姿なんぞたまらんですよね。

しかも、ライブバージョンの「僕が一番欲しかったもの」に関しては、
CDと異なる点が2点!!(実はもっとあるか???)
この「僕が一番欲しかったもの」に関してはこれまでたくさんDVD化しております。
それだけよくライブで歌われている、ってことでしょうか?
特に、セレブレーションでは鉄板ですよね♪

そうそう、CDとの相違点。

1点目:最後の後奏部分で「いえぇぇいー」とお客さんとのやり取りがある
2点目:大サビ部分の歌い方が微妙に違う

この上記2点。
めっちゃざっくり感ありますが。
CDではラストの「いえぇぇぇいー」のやり取りはないですよね。
そして、2つ目の大サビ部分って言うのは。。。

大サビ部分
♪結局 僕はそんなことを 何度も繰り返し~

まぁ、正確には大サビ部分の前段階でしょうかね。

この「そんなことを」の部分ですが、CDだと平らに歌うんですが、
このライブバージョンでは「そんなことを」の「ことを」の部分の音程が↗↘↗となります。
(CDでは「ことを」↗→→ ですね)

分かりづらっ!!

と思ったそこの奥様。ぜひチェックチェック!!
まぁ、チェックせずとも分かっていらっしゃる方は多いと思われますが…

そう、その歌い方がすごく好きなのですが。


特にこのおもてなしDVDに関しては、映像付きで素敵なのです。

映像部分としては、「ことを」を歌い終わったすぐ後!!
時間にすると、1:19:47~51 この5秒!!
歌詞では「何度も繰り返し~」の部分です。。。



何はなくとも、この部分をチェックお願いします
あ、その直前の「ことを」もチェックなんですが・・・


この部分の何が好きって…



うーん、分かりません●爆



分かりませんが、すごく好きなんですこの5秒が!!
右手の動きと、右足のリズムの取り方!!

特に右手の動きはヤバいです、流涎止まりません!先生!!(?!)


このDVD全般的に歌も上手いし、素敵なのですが。
この5秒は特に好きで好きで好きでたまりません。


どなたか、賛同してくださる方は果たしていらっしゃるのでしょうか・・・
いや、きっといると信じています!!笑


まだ、ツボシーンはあるんですよ。
最後の掛け声のとこで「はいよっ」って言っちゃうとことか可愛い♪
おい、どんだけ長くなるんだよ●と言われかねないので、ここでやめますが。
「銀の龍の背に乗って」も、とてつもなく書きたいですが、それはまた今後。苦笑



このおもてなしDVDは宝の宝庫です。
四つ葉もそうですけどもね、、、あ、全部そうかっ!


とどのつまり、槇原敬之さんめっちゃ素敵!!ってことですよ。



次のツアーまで、またエネルギーを溜めて、愛を深めようと思います。
槇原敬之さん、そしてバンドの皆さま、スタッフの皆さま、
本当に3ヵ月半、お疲れさまでしたーーー!






[PR]
# by momost9520 | 2017-07-09 00:34 | 槇原敬之さん的なコト | Comments(8)

また逢う約束。。。


本日の記事は、私の思いのたけを込めるものとして。
親友に捧げる内容となっております。
(内容的には重いですので、ご了承ください)


先日、小林麻央さんの訃報の記事を書いたばかりですが。。。
その数日後。

友人が亡くなりました。

彼女とは、言語聴覚士の専門学校時代の親友でした。
出会いは、私が21歳、彼女が36歳。

私が通っていた学校は群馬県にありました、そこで出会いました。
クラス全員で40名でしたが、半数ぐらいが現役生ではありませんでした。
かくゆう私もその中の一人。
歯科衛生士となり、その後に言語聴覚士の資格を取りたくて入学しました。
彼女は、元々看護師として働いていましたが、思うところあり入学したそうです。

現役生ではない、というところでも意気投合しましたが、
それより何より居心地の良さが一番の理由でした。
ちなみに、15歳の年齢の差があり、私の母との方が年齢が近いという立場でしたが。
それでもあまり年齢差を感じることなく、
私が唯一タメ口で話せる年上の方、といった存在でした。
少なくとも私にとっては、、、なので。
彼女も同じように思っていてくれていたのであればそれは嬉しいですが。

闘病していたことは知っていました。
ちょうど私の娘が生まれた4年前くらいから、彼女の身体には変化が始まりました。
娘の近況報告を兼ねてする連絡がいつの日か、
徐々に蝕まれていく彼女の変化を知る
きっかけとなっていったのは皮肉といえばそうかもしれません。


ただ、正直なところ。
まだ実感がわかず、「どこかで生きているんじゃないか」とも思えます。

その訃報の知らせが私の耳に入ったのは6月29日。
同じ専門学校時代の友人からでした。
その友人も新聞のおくやみ欄でその事実を知ったとのことで、私に連絡をくれました。
その時にはお通夜は終わっていて、翌30日が告別式。
金曜日です。

仕事はお休みすることはできず、私は泣く泣く弔電を打ちました。

それでも尚、信じられないのは実際のお別れをしていないのも原因かもしれませんね。


年齢差が15歳でしたが、
彼女とは本当に気が合う仲でした。
考え方がものすごく若い、というのもあったと思いますが、
それより何より、波長がすごく合うといった感じでいつも一緒にいました。

人生の先輩でもあるので色々な経験もしているし、
話自体にも深みがあり、逆に「何で私なんかと一緒にいてくれるんだろう」と思うほど。

専門学校時代の4年間+社会人時代の4年間の計8年を私は群馬で過ごしました。
彼女は生粋の群馬人。

辛い臨床実習を乗り越え、国家試験。
実習以上に辛い社会へ飛び出しましたが、
職場は違えど私は彼女の存在がなかったら、辞めていたかもしれません。
それほど、学生時代よりさらにお互いの存在が何よりの支えだった新人時代。。。

色々なところへも行きました。
年に一度の贅沢旅!と称し、
草津温泉ハイクラスの旅、京都大原の旅、広島の旅、、、など。
彼女は私よりだいぶ大人でしたが、
意外に子供っぽい一面もあり、そんなところもお互いを認め合う存在。
もちろん、腹黒い●私のことも知っておりますし、少々変態ちっくな面も知っております。

群馬時代の私の男運の無さに呆れ果てる反面、
私の結婚を一番願ってくれていたのではないかとも思えます。
結婚式の友人代表スピーチは「彼女しかいない」と決めていました。

私が新潟へ戻る後押しをしてくれたのも彼女でした。
新潟へ戻っても、たくさん逢いに来る!と約束はしましたが、
結局は忙しさを理由にしたり、私が結婚することになったりと、
必然的に会う回数は減ってきました。

それでも、心は繋がっているような気がして。
電話での連絡が中心でしたが、
私の悩みをドンピシャで言い当てたりと、まるで超能力者のようでした。
一番驚いたエピソードとしては、私の結婚相手の名前を言い当てたことです。
のちに彼女は「何か頭にピンと浮かんだんだよねー」と話しておりました。

距離はあれど、私のことをいつも気にかけてくれ、本当に一番近い存在の彼女でした。


そんな彼女が亡くなりました。
享年52歳。


彼女の人生の中で、私はたった17年の付き合いですが。
それでもこの17年はとっても深い17年であったと自信を持って言えます。


弔電なんて、初めて打ちました。
こんなに辛いものだとは…伝えたいことはたくさんあります。

でも、何を言っても今更感が強く、時間がかかりました。

彼女の葬儀に行けない同級生達がお花をおくったそうです。
最初は1基の予定が、あれよあれよと賛同の声があがり、2基となったそうです。
そのエピソードを聞いても、
彼女を慕い尊敬していた人は多かったのだなぁ、と思えます。
実は、彼女が闘病していたことは同級生の中では私だけが知っていました。

彼女の性格からして、
そんな自分を見られたくない、という思いもあったとは思います。
昨年一度、病床の彼女に会いに行くことができました。

実際に彼女に会う前は、
会ったらまずは何を話そうか、、、と色々と不安の方が大きかったのは事実。
でも、面会で会えたその瞬間に、言葉などはいらないものなんだと思えました。
私は泣くまい、と思って行ったのですが、、、ダメでした。
お互い言葉は交わさずに、会った瞬間に涙がこぼれてきました。。。

その後は、ほんの30分くらいの時間でしたが、
娘のことや旦那は元気なのか、仕事の方はどうなのか…
自分のことよりも先に私のことを気にかけてくれる、そんな人でした。

帰り際、ボソっと彼女が、

「これで、たぶん最後になると思う」

と言いました。
私は、

「そんなこと言わないで、また絶対会おう」

としか言えませんでした。
何とかその時は歩けていましたので、
私が病棟のエレベーターに乗る前まで見送ってくれました。
泣いてはいけないとは思いながらも、最後まで私は泣き顔。。。


その日が本当に、彼女と会った最後になりました。
訃報より一週間後。
弔電のお返しとして、ご両親からお手紙をいただきました。

最期は穏やかに旅立っていったそうで、それが救いです。
手紙と一緒に届いたのは、


私が大好きで大好きで、彼女からいつも送ってもらっていた、漬物でした。


信じられない、という思いが強い中、その贈り物は、
彼女が本当に亡くなった、という事実を目の当たりにしたような気がして。
私の好きなものをご両親も知ってくれていたんだ、という何とも言えない気持ち。

声を出して、涙が止まりませんでした。
娘わーさんがビックリして少し気を遣ってしまうほどに。。。


ここには書ききれない彼女との思い出がたくさんあります。
それはこれからも色褪せることなく、私の生きる糧となると思います。
今は彼女に対しては、ありがとう!と感謝の言葉しかありません。

彼女の残した言葉たちは私の中でまた大きく育っていきます、大切にしたいと思います。


また絶対に逢える、、、
そんな言葉は陳腐かもしれませんが、私は信じています。

その時に、、、
彼女に胸を張って会える自分でありたいし、そうでなければならないとも思います。
「また○○はそんなことばっかり言ってるね~」なんて、、、
ずっと遠くの空から笑いながら私のことを見守ってくれていると信じています。

本当にありがとう。
彼女の次の人生がどうかさらに素晴らしいものでありますように。。。
心より祈りをこめて、今日のブログを贈ります。。。








[PR]
# by momost9520 | 2017-07-07 23:18 | 徒然日記 | Comments(2)

日本一のファソ!宣言


歌手の槇原敬之さんを愛して止まないワタクシたんぽぽ毛。

ちょうど、この6月はファンクラブの継続手続き月なのです。
毎年、振込用紙を使用して入金しておりました。
ところがところが、クレジット払いも受け付けているという事実を知り(遅くね?●)、
よし、楽チンだから今年はクレジット払い~♪

ということで、久しぶりに(え?●)槇原敬之さん公式HPへ。

ファンクラブ専用ページへ飛ぼうと思い、IDとパスワードを入力・・・




2015年10月1日より
ログインパスワードが変更になっています!


 

の文字・・・(@0@;)




ん?
私、登録し直したっけ???


いや、してないっ!!爆



さて、どうしたもんか。
とのことで、パスワードを忘れた方はこちらまでメールを・・・

と、ありましたのでメールを送信しようとすると。



登録いただいているメールアドレスと異なります、の文字。


そうです、ワタクシの現在のPCメールアドレス変わっちゃったんです。
以前のものを忘れてしまっており、もう八方塞り。


もう今年もめんどくさいけど、振込用紙で入金しようかな、と思った矢先。



ファンクラブ会員の皆様には、
ハガキにてログインパスワードを通知済みです


とのこと。
え?そんなハガキ来たか?とやや責任転嫁もいいところ。



ただ、さすがの私もそのハガキは捨てているはずはない!と一縷の望みをかけ。






ありましたー  (涙)
  




よかったー、
無事に保管できておりました。


そのハガキにしっかり書かれておりました。


2015年10月1(木)よりログインパスワードが変更になります! と・・・






え?つまり・・・
今が2017年6月だから・・・

私この1年半、一度もファンクラブ専用ページには訪れていないということ???



えー、確か本日の記事の冒頭で、

「槇原敬之さんを愛して止まない」

なんて、ほざいておりましたが。





とんでもないヤツだな。。。




全く、どの口が言ってんだ●って感じですね。



そう、そして私はやはり「ファン」ではなく「ファソ(ふぁそ)」なのです。
これでも昔は特に更新なんて毎日あるわけではないのに、毎日チェックしてたりとか。

そんなこともしていた時期もあったはあったんですよ。。。●●●(だいぶ言い方控えめ●)



あ、ちなみにこの「ファソ」ですが、たんぽぽ毛造語です。爆

※たんぽぽ毛的うぃきぺでぃあ

【ファソ】
”愛好家”という意味の「ファン」と根本的なところではほぼ同義語ではあるが、
その人のことを好きなはずなのに、実際の行動が伴っていなかったり、
口だけとなってしまったりと、真性「ファン」からは
「あいつ、本当にファンなのか?」とやや疑いの眼差しを向けられる存在のこと。

具体例としては、
・「○○のことめっちゃ好き!」って言ってるくせに、新曲発売を知らない
・「○○のこと考えると夜も眠れない!」って言ってるくせに、バッチリ10時間睡眠
・「○○のこと好きすぎて結婚したい!」って言ってるくせに理想の結婚相手で堤真一を選ぶ
・「○○のファンクラブは10年以上継続してる!」って言ってるくせに、1年半も放置


・・・上記のような、主に口だけ人間のことを指して表現する時に使用する名詞です。

ただ、調子がいいので「ファン」と「ファソ」を一定サイクルで繰り返す習性あり●
特にコンサートツアー時期となると、全面的に「ファン」を押し出しますが、
ツアーファイナルに向かい、どんどん熱量が↓「ファソ」に切り替わってしまう。


※ほぼ同義語: カメレオン 八方美人 たんぽぽ毛(←●) 



以上が「ファソ」となりますが、、、
私、胸を張って言えるわ!!



ワタクシこそが、日本一のファソだ!!  と。


あー、情けな・・・
さすがに、ここまでのツワモノはいないだろうとは思いますが、
本当に本当に槇原敬之さんを愛して止まないんですよ。。。苦笑


それだけは信じて・・・





↑↑↑ 
とか言っちゃうやつ●




あ、無事にファンクラブ継続手続きは終了しましたー  苦笑






[PR]
# by momost9520 | 2017-06-25 04:45 | 槇原敬之さん的なコト | Comments(6)

未来に残すもの


悲しい訃報が入りましたね。
小林麻央さん死去のニュース。

人が亡くなる、、、
ということは、たとえその人が自分に一切繋がりのない人でも悲しいですね。
麻央さんは、さんまさんの深夜番組「恋のから騒ぎ」の頃から知っておりました。
あの番組、確か名前の下に出身地も出て、「新潟県」ということで、
こんな美人さんも新潟の生まれなのね~、とお姉さんの麻耶さんの時から思っていました。
まぁ、実際は出生地らしいので、新潟で過ごした期間は短かったのだと思いますが。

今私がここで、何を書いても薄っぺらくなるのは分かっているんですけどね。

麻央さんのご家族の立場になってみれば、
マスコミの対応に関しては本当に辟易してしまいます。
関係のない私でさえも、見ていて切なくなるほどですから・・・

精一杯生きようとした麻央さん。
そして、それを傍で支えていたご家族や身内の方々。
本当に、お疲れ様でした!と言いたいですよね。

時にマスコミはあることないこと色々書きますからね。
本当のところなんて、当人にしか分からないはずなのに・・・

海老蔵さんも辛い立場ではありますが、何より何より、二人のお子様。
特に、長男の勸玄くんは、うちの娘と2ヶ月しか変わらない。
幼い子供二人を残して旅立つことを考えると、本当に胸が締め付けられます。

最期はご自宅で看取れたということのようなので、
お子さん二人もきっとそばにいたはず。
自分の母親の最期を幼いながらも、しっかりとみることができたのかなぁ、と。
麻央さんは、「生きたい」という強い思いもあったと思いますが、
それ以上に残されるご家族のことも真剣に向き合っていたのではなかなぁ、と思えます。

ここ何日か、色々な方々のネットのコメントを目にすることがありますが。
小さなお子さん二人を残して無念だったでしょう・・・というものが多いような気がします。

確かに私も最初はそう思ったんですけど。。。

ブログなども拝見していて、
あれほど精神力の強い麻央さんですから、
きっと、、、いや絶対にお二人のお子さん達へ未来への道筋となる何かを残しているはず。
「生きたい!」という強い思いの裏側には、やはり人間ですからそれとは反対の感情も生まれるはず。
通常ならば、その反対側の思いに押しつぶされそうになりますが、
それを新たな糧として、そして大事なお子さん達のために、麻央さんは最期まで生き抜いた、のだと。

そう思えてしょうがないですね。

このような話題の際に、自分の話をするのもどうかと言われるかもしれませんが。
私の母親は、9歳の時に自分の母を亡くしています(私の祖母にあたる人ですね)
幸い、母より上に兄姉が5人いたので、あまり寂しくはなかった、と話はしてくれます。

ただ、今の私の父親と出会って、結婚し、嫁いだ時。
本当に何もない状態、その体一つでやってきたそうです。
花嫁修業もせずに、勉学に励み、、、なので、姑である私の父方の祖母とはよく対立しておりました。
母親は、そのことに関しては「決して自分の母がいないからだ」という風には思わず、
常に胸を張り、姑に何を言われても立ち向かっていったそうです。
その話は私も小さい頃からよく聞かされており、思うところもありました。

実際、母はまだ健在なので「母親を亡くしてしまった娘の気持ち」
というのは本当にところは分からないのかもしれません。
ただ、実際母親という立場になり、子供と接していくうちに、、、

この子がこの先の未来に、道しるべとなる何かが私にはあるだろうか

と考えるようになりました。
自分の身にいつ何があるか分からないような時代です。
それが2年くらい前ですね。
そこからとりあえずできることとしては、、、
私には唯一取り柄と言えるものが、お料理くらいしかないので。
私のレシピを残し、全て保存してあります。
まぁ、レパートリーは少ないので、そんなに偉そうに言える資格はないです。
ただ、これから先の未来のこと。
一緒に過ごせればいいですが、そうはいかない状況もくるかもしれません。


自分と麻央さんを一緒に考えてしまうのは、大変おこがましくありますが、
志半ばで旅立ってしまった麻央さん。
きっと、きっとお二人のお子様への道しるべ、、、

そして、ご家族、身内以外にも世にこれほどまで大きく影響を与えたその生き方。
明日が来ることは奇跡なんだな、と改めて考えさせられます。


そう感じさせてくれた小林麻央さんに、心より敬意を表します。
そしてどうか安らかにお眠りください、と。

ご冥福をお祈り申し上げます。





[PR]
# by momost9520 | 2017-06-24 21:42 | 徒然日記 | Comments(0)

父上!緊急事態発生です



お知らせです。

うちの娘わーさんが、
槇原敬之さんの「Remember My Name」を歌えるようになりました。爆
素晴らしい!
胎児の頃より仕込んでいた甲斐がありました。笑
サビの英語詞の部分が彼女には「マイメロー」と言っているように聴こえるようで。
もっぱら車中では「マイメロの歌かけて」と言ってきます。
【2017年5月26日の記事をご参照ください

ここ10日くらいで、
よく歌詞を口ずさんでいるなぁ~、などと思っていましたら。
どうやら歌詞を全て覚えたようです。
さすがに英語詞のところは難しいようですが、
「マイネーム」を「マイメロー」と歌っております。

特にお気に入りの部分が、

♪同じ痛みも喜びも 感じられないけれど~

だそうです。
「感じられないけれど~」で、徐々に音程が上がっていきますが、そこが彼女のツボのようです。
う~ん、なかなかいいセンスしているではないか、、、
と、同様の場所で私もツボっておりましたので親ばかです。


欲を言うならば、もっとレパートリー増えて欲しいですがね●



さて本日父の日。
そしてマッキーは福島でライブですか。

以前、軽く触れたかもしれませんが、

現在、うちの父親、骨折中です(@-@;)


遡ること、3ヶ月前。
3月16日です。
翌日より春の彼岸のため、うちの父は母と一緒に墓掃除へ。
はい、その墓場で転倒し、見事に大腿骨頸部骨折

足の付け根のところの大きな骨ですね。


うちの田舎は、佐渡のさらに山奥。
ただでさえ「佐渡」というだけでも田舎なのに、さらに山奥ですからね。
集落も今や20軒ちょっとしかない、本当に僻地の僻地。秘境?ですよ。
未だに、木の電信柱とかありますからね。
夜は電灯もなく、真っ暗闇です。
私は生まれた時からそういうところで育っているのでもう慣れておりますが、
きっと初めて私の実家周辺にいらっしゃる人は、怖くて夜は外に出られませんね。
その代わり、星空はキレイですよ、夏の星空は特に掴めそうな感覚に・・・
さらに今の時期あたりは蛍がたくさん飛んでいます。

まぁ、そんなところの墓場ですからね。
今回の事故現場(?)の墓場にしたって、山を切り開いて集落分の墓を建てた感じ。
墓に行くのに、めっちゃ急斜面。
昔からお墓参りの時は、ばーちゃんに「墓で絶対転ぶな」的なことを言われたもんです。


それなのに、その墓場で父は転んで、ポキっといってしまったそうです。


持病(DM)もあるため、かなり慎重に治療を進めているようです。
職場のPTさんに色々とリサーチしたところ。

だいたい大腿骨頸部骨折の手術は2種類あるそうで。
①人工骨頭置換術
②骨接合術

簡単に言えば、
①は骨頭を人工のものに置き換える、
②はピンやスクリューなどで自分自身の骨の接合をする
方法だそうで。
ちなみに、PTさん情報によると、
①の場合は、手術翌日~3日以内くらいに全負荷をかけられるそう。
つまりは、全体重をかけてすぐに歩く練習ができるってことですかね。
ただ、その反面、人工骨頭部分が壊死したりする可能性もあり再手術とか・・・の可能性も。

うちの父は、DM(糖尿病)持ちのため、血行もすこぶる良くないということ。
まだ、60代ということもあり(この骨折は70代以上に多いそう)、
自分自身の骨の可能性を信じたい!というわけの分からん信念?で②の接合術を選択。


3月16日に緊急手術となり、術後6週間は、絶対非荷重の指示が出ましたー


ここ最近、

「やっと負荷30キロまできたぞ」と張り切っておりましたが・・・

いや、本当にまた歩けるようになるのか?と、いささか心配ではあります。
父も父で心配ですが、それを介護する母の体も心配なのであります(こちらも持病持ち)。
共倒れ、もしくは母が倒れなければいいなぁ、と思う日々でございます。



そんな状況の中、娘の私は愛して止まない槇原敬之さんに現を抜かしておりましたよ●

両親にはできれば長生きしてもらいたいですが、決められた寿命ってやつがあるんでしょうね。
それは、私だってそうですよ。
明日何があるか分からないわけですし。。。起こるべくして起こることも。
避けられない状況って場合もあるでしょうし。


ただ、今回の父の骨折。。。




防げただろうよ~




って、思ってしまうのは結果論ですかね●●●
まぁ、転倒の際に頭部外傷がなかったのがせめてもの救いですかね。
外傷性くも膜下出血や頭蓋内血腫とか、本当に生死を左右するものですからね。泣



とりあえず、8月にじじばば連れての温泉旅行を企画しているため、
その時までにはせめて歩けるようになっていて欲しい、と思っておりますが、どうでしょう。



そんなうちの父親。
AKB48の総選挙は、毎年かかさず観ております。
昨晩も観ていたのだろうか・・・恐ろしいよ、ホントに・・・苦笑




健康一番!何はなくとも健康で毎日過ごしたいものですね。





[PR]
# by momost9520 | 2017-06-18 00:33 | 徒然日記 | Comments(4)

人見知りの遠吠え



ワタクシの愛して止まない槇原敬之氏のファンクラブ。
実は今月6月が継続更新月なんですよね。
6月末までまだ時間があるから、と思っているとあっという間に過ぎますね。
気をつけなければ。
そして、いつからクレジット払いができるようになったのだろう・・・
私は本当に何も知らんのだな、と改めて感じる今日この頃。


先日、あるネットの書き込みに、


「人見知りなので」という人に違和感があります。
それって、何だかコミュニケーションを人任せにしていませんか?
誰だってよく知らない人相手では緊張するし、
それでも和ませよう、とか楽しく会話しようと努力するものだと思います。
「私、人見知りだから_」甘えんじゃないよ、と苛立ちを感じます。
私だけでしょうか?




↑↑↑
上記のような投稿がありました。。。


そうか、、、世間ではこんなふうに感じる人もいるんだね、って思いました。



私は、自分のことはめちゃくちゃ「人見知り」だと思っています。
ついでに言うと、小心者の恥ずかしがりやも一緒についてきます。
でも確かに。

「私、人見知りだから・・・」

と、言い訳をしているのかもしれない、と気付かされました。



ただ、私の場合は時と場所と人を選ぶのです。
ん?これはもはや「人見知り」とは言わないのだろうか???

もちろん、仕事ではしっかり人とコミュニケーション取りますよ、特に患者さん。
患者さんに私が実は人見知りです、と伝えると、

「またまたー、笑わせんじゃないわよー」的な言葉が返ってきます。
言うてみれば、それだけ堂々としゃべることができる自分がいるってことなんでしょうか。
併せて、私は外見的にかなりどっしりしたどすこいタイプですので、
その見た目でも、「そんなバカな」と思われているのかもしれません。。。
おいおい、まるで遠慮がないじゃないか的な。爆
ま、まぁ見た目は自分自身の不摂生の賜物だと思っておりますので、
そこは努力しなければ、、、と感じております。

ただ、「人見知り」に関しては。

慣れてしまえば、大丈夫なんですけどね。

って、そりゃ誰だってそうだろ●って思われてもしょうがないのでしょうかね。


ちなみに、その投稿に関しての色々な意見としては、だいたい二分しておりました。
「そうだよねー」という擁護派と、
「そんなにカリカリしないでよー」という否定派。


でも、昔から薄々は感じておりました。
本当に、「人見知り」という言葉を逃げ道にしているのは自分自身?ですか・・・
あのブドウはきっと酸っぱいはず、じゃないですけど、それで自己防衛しているのかな、と。


私が現在の職についた元々のきっかけは、

「そんな自分を変えたい!」

というものでした。
結果、仕事は好きですし、色々な方と出会えて話せるのは楽しいと感じます。
時に自分の不甲斐なさに涙を流すようなことも多いですが。


まぁ、1シーズンに1回くらいの頻度で、ずどーんと落ち込むこともありますけども。
もう辞めてやるー!ってな感じですが。
まぁ、それは人間だもの、相田みつをさん精神で乗り越えます。
新入職員を募集する際などは、面接員となることも増えてきました昨今。
人事の方ともお会いして、色々な価値観や話を聞く機会もあります。


「自分は人から一体どういう風に見られているか」


という質問をよくされることがあります。
そんな時、自分もふと我に返り、、、「そうだよね」と思います。


「自分が思う自分」と「他人から見た自分」


どのくらいの差があるんでしょうかね。
もしかして、私は私自身のことを「人見知り」と思い込んでいるだけなのか?
いやいや、違う違う、自分は人見知りだしーって。



結局のところ、がつーんと自分の怠惰を指摘されたようで、ショックなんですよね。
世の中には色々な価値観があり、


「あー、この人とは一生相容れることはないんだろうな」


とか思う人もいますよ。
もう大人ですから、そんなに人を嫌いになることはないですが、
やはり「苦手」な人はいますよね。
もう根本的な考え方が全く違う人っておりますよね。
それはそれで、新鮮な意見として貴重ではありますが、、、分かり合うって難しいのだろうか。
だいたい、自分と同じような考えの人が周りには集まってくるんでしょうけどね。



まずは自分が変わらなきゃ、周りは変えられない!ってことなんでしょうね。




・・・とはいっても、「私は人見知りです」って、言っちゃう自分●なさけなー





[PR]
# by momost9520 | 2017-06-14 22:36 | 徒然日記 | Comments(4)


何やら関東地方は梅雨入りしたそうで。
こちら新潟県は、まだです。(例年並みです)
へたしたら7月に入ってることもありますからね、梅雨。
この時期は本当に冷蔵室に入れていても、野菜の腐敗の進行度が上がりますよね。
特に葉っぱ系ともやし。
本当に困ったもんです。

特に我が家は、1週間に一度の買い出しなもので、
もやしなんてすぐに使わないと週末には、「さよなら~」状態ですよ。

という感じで、めっちゃ所帯じみた冒頭でしたが。
そもそもブログって日記ですからね。
スタイリッシュ(←田舎の出身なのでこの言葉を多用しがち●)な前置き目指したいとこですが。


そういえば、息絶え絶えだったワタクシの携帯。
ついに、本日機種変しました。
機種変すると何がめんどくさいって、また設定をやり直さないといけないところですよね。
ちなみに、「アプリ」って私ほとんど使わないので(そもそもアプリって何?状態●)、
今日担当していただいた、かなり若い男性社員さんが、驚いておりました。
しっかり分かっているものは「LINE」くらいです。
ちなみに、LINEがアプリっていうのもよく仕組みが分かっておらず。
スマホに通常整備されているものだと思っていたよ、本気で。どうやら違うようですね。

ちなみに、その男性社員さん
「3年くらい前にー・・・あ、僕が高校生の頃なんですけど・・・」 なんて言ってたわ。

え?てことは20とか21歳ってことですかね?

わ、若い・・・
私、気持ちはいつまでも17歳!とか思ってましたけど、とんでもないですね。
そのくらいの歳の子供がいてもおかしくない年齢に差し掛かってきましたよ。。。


時代についていけず、私は世の中のことを何も知らんのだな、と痛感。
携帯も換えたし、
これを機に「インスタ」とか「ツイッター」とか「ふぇいすぶっく」とか始めてみようかな。
どんな世界が待っているんでしょうね。
そのうち娘わーさんの方が詳しくなる時がくるんだろうな。



はい、前置き終了。
ワタクシの愛してやまない槇原敬之さん。
本日は静岡県!でしょうか、もう終わった頃ですかねー。
新潟公演が終了したあとはライブ後症候群(LAS)がひどかったですが、、、
今はだいぶ落ち着いております。
ほぼ、私は通常運転に戻りました、たぶん●

ただ、どうなんでしょう。
仕事が忙しすぎて、、、いや、忙しぶってるだけなのかも、という噂もあり●
そのせいかもしれませんね。
でも、先週もあいかわらず隣りのOT室から聴こえてくるラジオの歌が
全てマッキーの声に聴こえてしまい、ちょこちょこ覗きに行くという始末。
あれ?たんぽぽ毛さん、それこそがLASの症状なんじゃない?って思うこともしばしば。

ちなみに、7月末に2泊3日で東京への出張が予定されております。
マッキー、会いたいですがどうしたらよいですか?(バカ●)
東京へ行く=マッキーに会える ではないところが切ないですよね。
でも合間をぬってキルフェボンには行きたいんですよね。。。ダメかな。


そう、そんな中仕事の話なんです。
リハビリの仕事をさせてもらっておりますが、
一人一人に、リハビリ終了後のカルテを記載しなくてはいけないのです。

その日の患者さんの様子と、どんな内容のリハビリをして、その効果のほどはどうだったか。
そしてそれを踏まえて、次回のリハビリでどんなことをしたらいいのか・・・というものです。

患者さん一人につき絶対に書かなくてはならないので、
1日に患者さん15人リハビリをしたら、15人分。
私は、保育園のお迎えなどもあり、あんまり時間をかけていられないのですが。
業務の中では、このカルテ記載が一番「めんどくさいなぁ」と思うところではあります。
だいたい、リハビリの残業というのはこのカルテ書きがどれだけ早く終わるかによります。


さくさくと書ける日もあれば、
検査なんかとしてその結果をまとめて考察しなければならない日もあったりと。
今の病院はほとんどがカルテが電子化されていると思いますが。

私が以前働いていた職場はまだ紙カルテでした。
まぁ、これはこれでめんどくさかったんですが、この電子カルテ。

私、普段このようにブログを書いているのですが。
まぁ、最近はめっきりup数は減りましたけども・・・それでも変な癖はあるみたいで。



患者さんのカルテを書く時は、
もちろん口語調ではなく、きちんとした文章とある程度の専門用語も使うのですが。
ここ最近。

私も脳の老化なのか、集中力の低下なのか・・・



普通に、カルテ書いていて、つい。





って、書いてしまうことが多く・・・


いやいやいや、「●」は、いくらなんでもダメでしょ。爆


ちなみに、この「●」マーク。
私がこのブログ内で勝手に使っている「腹黒マーク」なんです。
どんな時に出てくるかと言いますと、


「何か腹黒い発言をした時に、言い訳のような感じの場面です」


例えば、

今日は旦那が飲み会で帰りが午前サマでした(よくぞそんなに飲めるものですね●)

↑↑↑
上記のような使用例です。笑

まぁ、私が勝手に使っているので、もしかしたらこのブログを読んでくださっている方の中には。
この●って何なの?って思っている方もいるかと。。。爆
このような感じで飛び出してくるので、、、


まぁ、結構頻度高いですので、基本私は腹黒人間●なのだな、とは認識しております。


そうなので、その腹黒マーク●を、ついついカルテで書いてしまうことがあり。
もうとんでもないな、とは思いながら、すぐに気付いて削除しますけどね・・・

ただ、言い訳としてましては、
大項目を書いていく時には「●」は使用するんです。

●意識レベル:清明
●vital:BP120/70 HR80・・・
●全身状態:経鼻胃管+、酸素マスク2L・・・


・・・などなど。こんな感じで項目立てには●は重宝しておりまして。
もちろんこのような時の使用では「腹黒い」思惑は一切ございません。
なので、これと混同してしまうっていうのが言い訳です●●●



昨日も「うわ、またやってしまった」と、ついつい叫んでしまいましたので。
まずは、気合入れなおして、しっかり集中力!!


それでも、遠くラジオの声は全て槇原敬之に聴こえてしまう、という。
完全にイタイ人となっておりますが、とりあえずしばらくは仕事頑張りたいと思います。泣





[PR]
# by momost9520 | 2017-06-10 21:36 | 仕事の話 | Comments(4)


最近その存在に気付いたのですが、


タグ


「はっしゅタグ」?とか言いますか?
このexciteブログにも付けられるようです。
一体いつからこんな機能がついたのかは分かりませんが、私が気付いた、、、というか
使い方を覚えたのはここ2週間ほど。
なので、ここ2週間ほどの記事にはこの「タグ」ってやつが付いております。
少なくとも、私がブログを始めた2005年には存在しなかった機能と思われます。


さて。
槇原敬之さんのツアーも仙台公演が終わりましたね。
仙台はプライベートで3回ほど行ったことがありますが、良い思い出しかない場所ですね。
その思い出のほとんどが「牛たんを喰らっている自分」なのが切ないところです。
マッキーも食べたのかな、牛たん。あぁ、食べたい・・・(そこですか●)
次回のツアーでは、仙台公演もぜひ行ってみたいっ!!

そんな槇原さんですが。
現在コンサートツアー中。
ワタクシの地元新潟には4月にいらっしゃいました。(2Days)
そして、先週の金曜の東京公演と・・・ワタクシの今回のツアー参戦はこの3公演。
これで終了かと思うと、重度のLAS(ライブ後症候群)が心配されましたが・・・
意外や意外、、、何とも今は清々しい気分でいっぱいです。
東京公演での2階席からのかなり余裕な参戦が功を奏した感じだったのかなぁ、とも思いますが。

そう、その3公演しか参加していない私が言うのも何なんですが。
前回の記事にも書きました。


槇原さん、神す、、、いやいや違う●


槇原さん噛みすぎ。。。



今までならば、私も笑って受け流していたところなのですが。
いやいや今回は何だか気になって気になってしょうがなかったですよ。爆


職業柄、と言ってしまうと何だか偉そうなので控えめに。
ただ、このように感じている全国約518万人のマッキーファン(妄想●)はいるはず。


まぁ、「愛嬌ですね愛嬌ー」と言ってしまえば簡単ですが。
ここはあえてワタクシが、一石を投じます。

所詮、変態のたわ言ですので、ここからはうすーく、温かい目でご覧ください。苦笑

題して、
「槇原敬之さん2017年噛みすぎ問題について」(仮)

何だか朝まで生テレびたい雰囲気ですが。。。(マッキーごめん●)

私は言語聴覚士というリハビリのお仕事しております。
どんなことやってんの?ということに関しては、以前少し書きましたのでここでは割愛です。
「言葉や聞こえや飲み込みのリハビリ」と一言で言うとそんな感じですが。
その中でも

「呂律が回らなくて、しゃべりにくい」

という、症状の方のリハビリも範疇内です。
「呂律」というのは、簡単に言うと「しゃべりの調子」のことですよね。
本人はしっかり話しているつもりでも、
聞き手にとっては「何言ってるか分からない」状態が呂律不良です。


その原因としてはたくさんありますが。
まず第一に考える疾患としては「脳血管障害」です。
いわゆる脳梗塞が多いですかね、、、
というのもこの場合、
脳出血やクモ膜下出血は呂律不良の前に意識障害となることが多いからです。


でもって、、、マッキー脳梗塞???


いやいや、さすがにツアー前には健康診断してるだろうし、
年に一度の脳ドックは受けているはずだし(と思いたい。。。涙)。
もし脳梗塞だったら、もうすでに倒れているはずですしね。これはまず除外でしょうねぇ。
ただ。小さい梗塞が点在するような「ラクナ梗塞」っていうのもあるのでちと心配ですが。爆


では、この神神、、、もとい、噛み噛みの原因は一体???


そもそも、ここで。
なぜ噛むのか、、、ってことですよね。

私だって、普段めっちゃ噛みますよ、えぇここ近年はヒドイものです。
自覚症状アリです。


日本語の「音」に関してですが。
全部で50音ありますよね。。。まず母音5音を筆頭にして。
この日本語50音、全てに唇、舌、頬の位置、口の開け方の大きさナドナド。
一つとして同じ動作をする音はないので、全部で50パターン、決まっております。
そりゃそうですよね、そうじゃなきゃ発音が同じ音が出てきてしまいます。

基本は母音ですので「あいうえお」、これがベースとなって。


例えば「た行」
まず舌を上の前歯の裏の歯茎にくっつけて出す音です。
そのまま、上前歯の裏で舌を弾きながら、
母音「あいうえお」を順番に言っていくと「たちつてと」となります。

音声学的には「たちつてと」の中でも、、、
「たてと」に関しては歯茎破裂音、
「ち」に関しては後部歯茎破擦音、「つ」に関しては歯茎破擦音。。。
舌がまずどこに当たるか、その後は共鳴した音がどのように口の中で変化するか。
なので、「ち」と「つ」に関しては、発音してみると分かると思いますが、
「ち」と発音する時の方が「つ」の時と比べると舌が若干後方に当たりませんか???
「破裂音」と「破擦音」に関しては、簡単に言うと舌が歯茎にくっついているかいないかです。
破裂音である「たてと」の発音の時は舌は歯茎から離れます(破裂動作)、
反対に破擦音である「ち」「つ」に関しては発音の時は舌は歯茎にくっつき、、、
いわゆる「摩擦」してます。

↑↑↑
ここまで来ると何のこっちゃい、って感じだとは思いますのでやめますが。
まぁ、こんな感じで
日本語50音全てにその「音」を出すための口の器官の動きが決まっているわけです。


なので、何らかの原因で発音ができなくなってしまった、
発音できても「音の出し方が弱い」ような人に対して、
このようにまずは、
正常な音の出し方を指導し、キレイな発音を取り戻すトレーニング等をしていきます。


それには、まず舌や唇やその他の口の器官が正常な動きをしないことには始まりません。
正常な動きというのは、
しっかりとした可動範囲、動く速度やリズム、そして筋力!(舌は筋肉ですので)
これら全てが合わさった時に、しっかりとした発音、お話ができる、ということになります。
この一連の動きの中のどれか一つでも低下したり、
異常があったりすると、、、もう呂律が回らなくなります。



ちょっと、我を忘れて突っ走りましたが、戻りましょう。
そうマッキーです。
マッキーが神神、、、もとい、噛み噛みだって話ですよね。
上記のようなことを頭の片隅にでも置いといてもらえれば話は早そうです。


ただ、マッキーの噛み噛み事件(事件?!●)に関しましては、MCの時のみです。
もし何らかの原因で呂律不良に陥ってしまっているのであれば、、、
本業?の歌でも支障が出ますよ。
とりあえず、今のところはそれはなさそう。。。
(若干、すーべにあ あたり、怪しいっちゃ怪しいですがね●とりあえずセーフ!笑)


こちらのブログのヘビーユーザー(ユーザー?!●爆)のせおり様。。。
予想していただいておりましたが、

「槇原さんは頭の回転が速過ぎるあまり、
 言葉を発してる間に次のことを考えてるから噛んでしまうのではないか」

はい、ワタクシもそう思います(^0^)ノ
「頭の回転が速すぎる」というのはとりあえず置いておいて●、
「言葉を発している間に次のことを考えている」というのは、
おそらくマッキーが各地で私達ファン(改めファソ●)のために、伝えたいことがありすぎて、
そして半ば興奮徐々に上がってきており、次から次へと話したい内容が頭を駆け巡る状態。。。

まさしく、そんな頭、、、つまり「脳」ですね。
その脳から指令を受けて、口は動きますから、、、その口の動き(特に舌ですね)に関して。


脳の動くスピードに、舌が追いつかない。。。まさにそんな感じ。


ただ、これはですね若い頃ならば、そんなことはなかったはずです。。。


そうです、、、一重に口の器官(特に舌)の筋力の衰え、、、ではないかな、と思います。




先ほども少し書きましたが、舌って筋肉なんですよね。
最初で少し触れましたが、「牛タン」食べた時のことを思い出してください。
繊維が色々な方向に伸びていませんか?特に根元の方は特に。。。

舌を左右に動かす、舌を上下に動かす、舌を前後に動かす、、、全て異なる筋肉。
その幾重にも合わさった筋肉の塊がまさに舌本体なのです。


筋肉っていうのは、生理的にはどんどん衰えていきます。


昔は、42.195kmマラソン走れていた人が、歳とって走れなくなるように。
全くの準備運動もせずに、いきなりマラソン走れと言われても無理って話ですよね。

ただ、どんなにトレーニングをしても、
走れない時は走れないし、、、噛む時は噛んでしまう。。。●


それと一緒です。
全身の筋肉の話と、口の中の舌の筋肉の違いってことだけです。



ここまで、割と真面目に書いてきた結果が、、、




マッキー、老化です。




・・・。

に、集約されるなんて。
ちゃぶ台ひっくり返されそうですね。


クレームなどは、小心者のワタクシですのでおやめください。
ただ、ひとえに「マッキーを心配」してのファソ心です。。。お許しください●



とはいえ、ほんの気になる症状でも、重大な疾患が隠れていることもありますし。
槇原さんには、定期的な検診など、お願いしたいものです。
まぁ、別に私が言わなくとも、彼を心配している人たちは周りにたくさんいるでしょうから^^


とりあえず、健康第一!!
いくら若く見えても、製造48年ですからね、、、そろっとガタもくるやもしれません●
ぜひとも、残りのツアーを乗り切って、その暁には1泊2日の人間ドックをお願い致します。

あのー、何なら口のトレーニングはワタクシがたんとう、、、爆●
はい、すみませんすみませんすみませんー調子乗りました●●●



これも、槇原敬之さんを愛してやまない上での行動。。。涙涙涙
(・・・、ということでせおりさん!正解ですっ!^^)





[PR]
# by momost9520 | 2017-06-06 23:26 | 槇原敬之さん的なコト | Comments(2)


お休みはあっという間に過ぎ去っていくものですね。
先週金曜日。
ワタクシ午後からお休みいただきまして、東京まで。

しかし、金曜の新潟市内は朝から土砂降り。ひいては雷のお膳立てまで。
いつもは私が車通勤でわーさんを保育園に送っていきますが、
その日は相方がわーさんを迎えに行かなくてはならないため、私はバスで職場まで。
なんてったって、土砂降りですからね・・・濡れ濡れのびしょ濡れ状態ですよね。泣

何だかその天気が、

「東京に行くのは許さぬ!!」

と、言っているかのようで、軽くへこみましたが。
ただ、午前の勤務が終わって私が職場を出る頃には雨はやんでおりました。
が、しかしー。
風がものすごくて・・・寒いったらないです。
ここ10日ほどは、例年より暑すぎたために少し麻痺しておりましたが、
まぁ、本来梅雨入り前の新潟ってこんな感じこんな感じーって、感じです●

自宅へ戻るバスを待っている間、ボーっとベンチに座っていましたが。


「そうだ、私はこれから私は東京へ行くのだ」


と、突然ドキドキしてきたのであります。
前回の上京は、2015年のセレブレーションライブでしたが、
その時はわーさんがまだ小さかったので(まぁ、今も小さいけど●)、相方と3人でした。

ただ、今回は久しぶりの東京一人旅。
20代の頃は、月1くらいで行っておりましたが、元来ワタクシは田舎モノですゆえ。
しかも、ここ新潟のような地方と違い(失礼●)、月単位で街がめまぐるしく変わる場所ですよ。
(たんぽぽ毛さん、「都会」に対する偏見かつ思い込みが半端ないですがご了承ください●)


今回の目的地は東京駅から一駅とはいえ、無事にたどり着けるか、変に緊張してきました。


そうですそうです、今回の旅(?)の目的は、槇原敬之さんのコンサートです。
6月2日(金) 東京国際フォーラムにて。
東京国際フォーラムって、5000人超のお客さんが収容できるみたいです。


ちなみに、わが街新潟の県民会館。1700人ほど。
さらにちなみに、東京国際フォーラムの2階席の収容人数だけ見ると1900人くらいだそうです。



・・・。



何だこの野郎!って感じです。
国際フォーラムの2階と新潟県民会館をそもそも比べるなって、話ですかね●爆


私は今回2階席だったのですが、2階席だけもものすごく広い。だって1900人ですからね。
もうレベルが違いすぎる。
まぁ、”国際”フォーラムですからねぇ、「国際」かぁ・・・世界規模ってわけですね。

そんな場所へ、田舎モン丸出しの私が行きましたが何か・・・?泣
しかも、今回は前回の記事も参照していただければ分かるのですが、かなり強行突破!
お天気までも、私を阻止しようとするかの勢いでしたが・・・



そして、話は前日に戻りましてね。
娘わーさんの説得の場面での出来事。

かーさんは東京というところへ行くのだと、
「きらきらおじさんに会ってくる」んだと、
明日は帰って来られないから、トーちゃんとお風呂に入って、ねんねしてね、、、と。
翌日の運動会までには戻ってくるからね・・・

と、上記のようなことを話しました。
意外や意外、


「お土産はグミでいいよー」


と、一つ返事でした。
しかも、お土産は「グミ」でいいとな、なんて経済的っ!!(5袋買ってもワンコイン●)
うん、できた娘に育ったもんだ、いや、もはや母を見限ってしまったのか・・・●●●
まぁ、いずれにしてもぐずられなくて良かったのです。

そんな矢先、



携帯が壊れました



ガーン。
壊れた、というのは充電器に差し込んでも全く充電されない、という事態に。

しかも、残量は20%くらいしかない という状態。
まぁ、焦りましたよね。
今回は一人参戦予定でしたが、東京でお会いしたいマッキー友達の方もおりましたので。


このまま、NO携帯で東京まで行くか・・・


と、一瞬覚悟を決めましたが。
普段、そんなに携帯に依存している方ではないのですが、
でもいざ「使えないかも」となると恐怖ですね。
しかも、大都会東京へ行くのに。。。


武器を持たずに戦地に赴くようなもんですよ●



もうこれは・・・東京へ行くな、、、って神様が言ってんだな・・・



これ、本気で思いましたよね。


結果的にはなんやかんやとありまして(はしょりすぎ●)、携帯は復活!
もしかしたら一時的な復活かもしれませんので、早急に携帯を換えなければなのですがー



・・・とまぁ、色々ありまして。

東京国際フォーラムへ無事到着。マッキー、見られました!!
この日は収録日。

歌も上手かった(アンコールに向かうにつれてどんどん上手くなっていく感じでした)。

ただ、私のいた2階席はアンコールまでほとんど誰も立っておりませんでした。
しかも、マッキーコンサートに初めて来たよー!という方がたくさんおりましたね。
私のお隣のご夫婦も初めてということでした。

なので、小心者の私は一人では立ち上がれず、今回はかなりゆったりと見ることができました。


そして、新潟の時も思いましたけどもー
歌を歌う時はそんなことありませんが・・・

MCの時。

マッキー、噛みすぎです、本当に●●●爆
呂律が回っていない、っていうと正確には異なると思いますが。

職業柄、気になって気になって・・・
まぁ、でも結構昔からもそうだしなぁ・・・って。
今回は私もゆったりと座っての参加だったので、変に余裕があったのかもしれない・・・
なので、変に気になってしまったのかも。苦笑

次回は、マッキーの滑舌について考察したいと思います。。。(ホントですか?●爆)


話は戻りますが、コンサート自体は素敵でした!!
そして、改めて新潟ライブの素晴らしさを思う、そんな6月2日でした(ノ^-^)ノわっしょい


TV放映だけではなく、ぜひともDVD化希望!!頼みます!!





[PR]
# by momost9520 | 2017-06-04 15:18 | 槇原敬之さん的なコト | Comments(6)

ミッション0602


素敵な5月が終わりますね。。。

何と言っても6月はボーナス月。
あの本買って、あの本買ってー、あ、そうだあの本も買ってー
(注:この場合の「本」とは全てマンガ本ですがね●)
・・・と色々と予定を立てては、日々を何とか過ごしております。

マンガ以外の楽しみはないのですか?

と、うちの相方はじめ、この記事を読んでくださっている奇特な人は思うでしょう。
えぇ、そうなんです。
マンガが大好きなイタイあらふぉー主婦(腐)なのです。よろしくです。


そんなワタクシですが。
槇原敬之さんを愛してやまないわけなんです(シャレではございませぬ●)

現在、彼はコンサートツアー真っ最中です。
4月には我が街「新潟」にも2Daysいらっしゃいました。
今回のツアーは、新潟だけで満足だ、、、などと思っておりましたが。

ツアーの割と最初の方での公演だったので。
残りの公演。
行きたくて行きたくてうずうずして仕方がありませんよ。
そこで、どこかで行けそうな公演はないだろうか?と色々模索しまして。

5月13日(土)の東京国際フォーラム!!

行くぞー!
と、チケットを何とか手配し、そして新幹線の往復切符も予約しました。
しかし前日の12日夕方。

相方の母方ばーちゃんが亡くなってしまったのです。。。

結局、13日の公演は行きませんでした。
ライブ会場の席を一つ空けてしまった、ということが大変心苦しいのであります。


しかし、それでも諦めきれないワタクシたんぽぽ毛。
(人としてどうなの?的なクレームはご遠慮願いたい・・・所詮、こんな人間デス●)


まだ、きっとチャンスはあるハズ!


と・・・


それが、明後日です。

6月2日(金)東京国際フォーラム!!

奇しくも同じ会場です。
ただ、色々と問題が浮上。

①平日である(新潟からだと定時上がりでは参加は難しい)
②開始時間が19:00のため、日帰りは難しい(相方氏と娘を説得しなければ参加は難しい)
③翌日3日(土)は、娘わーさんの保育園の「運動会」(朝9:00までに新潟に帰らなければ・・・)
④そもそも、チケットがない

上記4点の問題を解決しないことには、参加は夢物語で終わってしまうのです。
各種関連部署との調整が必要です●(主に旦那とムスメ様)
というか、これでよく「行こう」と思ったな、、、と 爆


まず、①です。
「平日である」→午後から休みをもらえば余裕で新幹線に乗れます→はい、解決♪(軽っ●)
※このブログ内では変態丸出しのワタクシですが、仕事では「真面目人間」(タブン●)ですので。
 皆様に頭を下げながらお休みいただけちゃいました。
 ○○さん、1日じゃなくていいんですか?と言われましたが、、、
 さすがにそれでは時間を持て余しすぎます●●● 職場の皆様、ありがとうございマース

次は、②です。
開始時間が19:00であるということは、おそらく終了は21:15くらいでしょうか。
しっかり開演時間通りに始まってくれればいいのですが。
何があるか分からない大都会東京ですからね・・・
新潟行き最終新幹線は、東京駅発21:40。。。
東京国際フォーラムのあるJR有楽町駅。東京駅のすぐ隣りです。

ん?ライブ終わりでめちゃんこ走れば、間に合うんじゃね???

いやいや、たんぽぽさん過去にこれで幾度となく失敗しております。
マッキーの復活ライブや、クリスマスコンサート・・・
過去には幾度となく、涙を流しました。最後まで見られずにです。。。
せめて、ライブ終わりの余韻に浸りながら帰りたい、という淡い思いが何度となく覆されました。


なので、決めました!
2日は、とりあえず高崎まで帰る!と・・・
高崎までの新幹線ならば23時頃まで出ているのです。
そうです、その日は高崎に一泊して→翌日の始発新幹線で新潟へ。

次の③とも関連してきますが、
その翌朝始発新幹線は、新潟着8:13ですっ!!
9時から始まるわーさんの運動会には余裕で間に合いますっ!!
しかも、うちの保育園の運動会は割りとゆる~い感じで毎年執り行われますので。
午前中で終わるんですよね、なので恐怖のお弁当作りなども不必要。

ただ、時間に間に合えばOKなのですっ!!


・・・と考え、高崎のホテルを予約しました。

その予約した後に、はたと気付きましたが。
どっちみち始発新幹線で帰るなら、高崎じゃなくても東京で1泊すればよくね?って。


確かにー
東京ー高崎ー新潟 より、
途中下車がない分、東京ー新潟の方が切符も安い。

ただ、東京の始発が早すぎるって話ですよね、5時台。
まぁ、普段4時半起きのワタクシなので、余裕っちゃ余裕なのですが。
何があるか分からない街、東京(しつこい●)ですからね・・・

あえて、高崎泊まりにしようと思います。。。

これを相方氏に伝えると、「わざわざ高い方に・・・おバカさんですねぇ」と呆れ顔。
まぁ、今回マッキーのライブに行くということで
すでにかなり呆れられておりますので、痛くもかゆくもないわい●


ということで、②③は一応クリア!(実はまだわーさんには言っていない●)
④は・・・色々とはしょりまして、無事に解決です(オイ●)



なので、最後の難関「わーさんを説得する」というミッションが残っておるのであります。

果たして、6月2日。
無事に私は上京し、マッキーに会うことはできるのか。


近日公開予定。爆







[PR]
# by momost9520 | 2017-05-31 22:17 | 槇原敬之さん的なコト | Comments(6)


先日、何かのネット記事で読んだのですが。
自分の夫のことを他人の前でどう呼ぶか・・・というもの。

その中で、
・旦那、または旦那さん
・相方

↑↑↑
上記のような呼び方をする人について、その記事の中では。



「イタイ人」「あまり関わりたくない」



と、書かれておりました。



・・・。



そ、そっかぁ・・・(汗)

いや、私も普段公の場では相方のことは「主人」と呼んでおりますよ。
友達の前とかでは「旦那」かもしれませんが●
ただ、このブログ内ではあえて「相方」という呼び名で書かせてもらっております。

どうか、、、
イタイ人 のレッテルを剥がしてもらいたいものですが、時すでに遅し、でしょうか。

いや、たんぽぽ毛さん・・・「相方」以前の問題で、、、
すでに槇原さん関係で「イタイ人」になってます。
というツッコミは無しでお願い致します●●●


ということで、今後もこのブログ内では「主人」=「相方氏」と呼ばせていただきます!



わーさんの「マイメロの歌」好きが止まらない今日この頃。
昨日は、一部歌詞を覚えたのか鼻歌で口ずさんでおりましたよ・・・
幼児でも容易に聴き取ることができる槇原さんの歌い方は、さすが!と言えますね。

メロディも優しいですしね。
ついでに、四葉DVDでの「Remember My Name」を見せてあげたところ。
ニヤニヤしながら観ていました。苦笑(何なんでしょ、あのニヤニヤ●)

この「Remember My Name」。。。
(書くのがめんどい●ので、以後”RMN”と略させてください●●)
ライブで歌われて、映像化されているのは、
ハートツアー、四葉ツアー、そしてセレブレ2015の3本でしょうか。

その中でも、私は四葉ツアーのRMNがめっちゃ好きですっ!!

歌唱力抜群!照明なども完璧!!
そして何よりそれより、最後の大サビ部分の英語詞のところ!!

♪Please call my name
 so remember my name
 Just call my name, so remember my name

「so remember my name」の「まあぁい ねえぇぇむ」の歌い方!!!


好きすぎて、いつもそこで5回は巻き戻してしまうため、全く先に進みません。
この部分、本当に素敵です。
声も伸びてるし、、、えーと・・・他には・・・えーと・・・●
うん、とにかく好きすぎるっ!!


ここだけリピートした30分くらいのDVDがあったら欲しいくらい、好きです!
ただ、他の2つのDVD(ハートとセレブレ)でも、ちゃんとこの部分は思い入れられていますが。
ハートDVDに関しては、この部分はめっちゃ引きの画なんですよ●(アリエナイぞ!怒)
セレブレDVDに関してはちゃんとマッキーのお顔は映っているのですが、四葉に比べると弱い。

もう、四葉DVDのRMN(特に大サビ最後の英語詞)は、最高傑作ですっ!!
お時間ある方、ぜひともご確認ください。
しかし四葉DVDはもう全体的に歌が上手すぎてヤバイですね(以前もチラっと書きましたが)
同様に、おもてなしDVDもそう思います・・・
上手すぎるっていうのは、プロの歌手の方に対して大変失礼なんでしょうが・・・

歌がどっしりしていて、
安定感があり安心して聴いていられる、、、と言ったらいいのでしょうか。
いかんせん、槇原さんは特にTV出演時などは、
結構ファンを冷や冷やさせるタイプかと思われます●



さて、本題です。
(いい加減、前置きが長すぎます●ここまでで一つの記事でいいのではないだろうか)


先ほど、何の気なしに
槇原さんのライブでのバックバンドのメンバーさんの名前を色々検索しておりました。

その中で。

キーボード Tomi Yo さん。

この方の生年月日が載っていたので、それを見て驚きました。


1980年11月14日生まれ


たんぽぽ毛さん今更?!と言われそうですが、こんなに若いのですね。
(というか、ワタクシはファソなので、今更ながら今更なのです●)


ワタクシ事で、大変恐縮なのですが。

私の妹と、全く同じなのです!!
私と妹は年子なので、ほぼ同世代となりますね。

まず、11月14日で「同じ誕生日じゃん!」ということで、一つ驚きですが。


いやまてよ・・・
じゃ、マッキーがデビューした1990年って、、、まだ10歳!!
私は1979年生まれですので、
ほぼほぼ中学、高校と青春時代に聴いてきた、ということになります。


ここで・・・


え?もしかして、、、
私ももうちょっとピアノ頑張って、頑張って、頑張っていたら・・・

今、マッキーと同じ舞台に立てていたかもしれないっていうこと???


はい、だいぶ飛躍しすぎた妄想ですが、もう少しお付き合いください●
ここでは、「才能」という言葉については一切無視しましょう・・・

あくまで確率の問題ですが。

うちの妹と全く同じ誕生日の人が、今マッキーと一緒にライブツアーを回っている・・・
一瞬、妄想の世界へ行きかけマシタ。

ステージ右端のあたりで、
こしょこしょとキーボードやらPC機器をいじっているワタクシの姿が。





・・・。




いやいやいやー
無理がある無理がある、いくらなんでも無理があるわー


妄想って怖いですね、ホント。
どんな世界にでも行けちゃいますよ●



本当に、Tomi Yoファンの皆様ごめんなさい。
つい出来心です、お許しください。



そういえば、今年初頭に目標と決めた、月いち1曲ピアノ曲。。。


お察しください・・・●●●泣







[PR]
# by momost9520 | 2017-05-29 04:33 | 徒然日記 | Comments(2)

ほぼ放置状態です。でも書くことは好きなんです!ただやみくもに考えていることを言葉で表現することが好きなのです!もはや誰のファンなんですか?と忘れられがちですが槇原敬之さんを愛してやまないアラフォー主婦(腐)の戯言です・・・


by たんぽぽ毛