今朝方、ワタクシの住む新潟市にも台風18号の強風が。
家の戸がガタガタとものすごい音を立てておりましたが、今はすっかり台風一過です。
本日暑いくらいです。

カレンダーでいけば本日3連休最終日。

我が家は初日と二日目に長野旅行へ・・・
本日はその内容を記事に、、、


書くわけないですよねー、私●●●



こうやって、、、
色々と旅したところをその都度まとめておけば、後から良い思い出になりそうなものを。
ちなみに、6年前となりますが新婚旅行。
ほとんど写真を撮っておりません。
そして、帰ってきてからの記録やまとめなど、、、全くしておりません。
そうです、自分達の記憶の中にあるのみです。


今やもう、、、あれ?新婚旅行って行ったっけか?状態です●
これはあと5年もしたら「完全に新婚旅行は行っていない」状態に。。。
ていうか、何で写真とか撮らなかったんだろうねぇ。苦笑



そう、そんな本日の記事は、ワタクシの愛して止まない槇原敬之さんの記事です。爆


そういや、数日前に少しネットがざわついておりましたね。
福山雅治が槇原敬之に嫉妬していた!というもの・・・
詳細はネット検索をしていただければ(リンクがめんどいなんてそんなバカな●)

いやいや、福山さんファンには大変申し訳ないのですが・・・



全然違うから!!●●●



この記事の内容を初めて目にした時は、一瞬「おぉー!マッキーさすがですね」
なんて思ってしまったのですが、、、いやいやいやー


そもそも、全然違うから!!●●●(2度目)


もう、皆まで言うまい (¥×¥)
福山雅治で検索してここにたどり着いた福山さんファンの方がいらしたら、申し訳ありません。
まぁ、ワタクシ個人の意見ですのであしからず、です。


でも、もっかい言っておこう。。。


全然違うから!!もう違いは歴然です!!●●●(3度目)

まぁ、マッキーファソの私が言うのも何なんですけどね。
そして福山さんファンからしてみれば「こっちこそ一緒にすんなやー」的なことでしょうに。
色々と棚に上げるものが多すぎますしね・・・(●)



大変です、前置きが長くなり過ぎました。

ここ最近、車中では「Hungry Spider」が延々とリピートされております。
なぜならば、娘わーさんの最近のマイブームだからです。
マイメロの歌(Remember My Name)のブームはどうやら去ったようです。

特に、サビの英語のところが好きなようです。
なので、「全部英語の歌もあるよー」と教え、ハングリースパイダー英語Ver.もお気に入りです。
この2曲をひたすらリピートです。


このHugry Spider

マッキーファンでなくとも、この曲が好きですー!と言われることが多い気がします。
それだけ人気と、あとは衝撃(色々な意味で●)の一曲ということでしょうか。


かくいう私も好きなのですが。
改めて聴いていると・・・



いやー、歌上手いな  って、思います。


マッキーの歌全般的にそうなんですけどね、私、マッキーの歌い方やはり好きです!!

では、マッキーの歌い方の、何がどこがどう好きなのか?

ただ、漠然と「上手いから好き!」と言っておりましたが、今回は理由も考えてみましたよ。



言わずもがな、に関しては「唯一無二」です。
あとは、マッキーの歌詞の語尾?節?の歌い方です。
私、音楽のことは詳しくは分かりませんが、めっちゃ素人っぽく言うと


「音の伸ばし方」


が好きです。
でもって、色々と調べてみたのですが、こぶし?ビブラート?しゃくり?何でしょうか?
でもこの3つとはまた違うような気もして、何と表現すればよろしいでしょうか、槇原先生!
まぁ、ビブラートとかに近いんでしょうかね?ていうかビブラートなのか?

ということで、実際の歌詞の上で検証です。
はい、皆さん「Hungry Spider」のCDをすぐに準備しましょう!!


Hungry Spider 
作詞/作曲/編曲 槇原敬之(1999年)


今日も腹を減らして一匹の蜘 
八つの青い葉に糸をかけ
ある朝 露光る巣を見つけ
きれいと笑ったあの子のため

やっかいな相手を好きになった
彼はその巣獲物を捕まえる
例え美し
あの子のような蝶を捕まえる
朝露がいた細い網
ぼんやりしてあの子が
捕まってしまわぬように

I'm a hungry spider
You're a beautiful butterfly
叶わないとこの恋を捨てるなら
この巣にかかる愛だけを食べて
の子を逃がすおう


今日も腹を減して一匹の蜘
八つの青い葉糸をかけ
その 月に光る巣に何か
もがくような影を見つけ
やっかいなもの巣にかかった
星のような粉をまくその羽
おびえないように闇を纏わせた
夜に礼も言わず駆け寄

今すぐ助ける言うより
えた声であの子
「助けて」と繰り返す

I'm a hungry spider
You're a beautiful butterfly
叶わないならこの恋を捨てて
罠にかかるすべてを食べれば
傷つかないのだろう


何も言わずげるように
飛び去る姿さえ美しいな
今死んで永遠にしようか

I'm a hungry spider
You're a beautiful butterfly
叶わないとこの恋を捨てるより
この巣にかかる愛だけを食べて
あの子を逃がした



えーと、著作権何ちゃらにひっかかりそうな勢いですが。
とりあえず、槇原敬之の名前はしっかりと書いてあるので見逃してください●

改めて書いていて、切なくなりました。
この歌詞、蜘と蝶ですが、これを自分と叶わない恋の相手としたら。。。


マッキー!切ないね!!深いねー!マッキー!切ないね!!(しつこい●)


ということで、話が徐々に逸れてきましたが戻します。
そう、今回は歌詞の内容ではなく歌い方です(歌詞も素晴らしいのですがー)


私が好きな歌い方の部分を赤文字にしてみました。。。
それを踏まえて、再度CD聴いてみてください、分かりますでしょうか?伝わりますでしょうか?
お分かりか分かりませんが、コーラスになってしまうと、その良さは半減なのですよね。
もちろん、
コーラスだってマッキー自身がやっているのでマッキーの歌い方に変わりはないのですが。

この赤い部分に、


はぁぁぁぁ~


と、ため息交じりの身悶え状態です、、、えぇ、変態ですね、分かっています●
なので、ピンクで表現してみました。
そして、細かっ!!と思った方も・・・
これと似た感じで、バラードとかだと、
もれなくまっきーの吐息や吸気音(歌う前に吸い込む音のことですね)とか大変です。
バラード全般大変なことになっておりますが、特に「素直」とかは呼吸困難必至デスヨ


槇原さんの歌詞や曲なんかは、もう良すぎてしまうために、
マッキーファソとしては、さらにその先の身悶えポインツで日々生きております。


本日はハングリースパイダーでしたが、他の曲でも探してみると楽しいかもですね。



いやでも、Hungry Spider、、、名曲ですな165.png

ちなみに、歌詞だけで言うと
2コーラス目の

おびえないように闇を纏わせた
夜に礼も言わず駆け寄る

この部分が、たまらなく好きです♪これはマッキーにしか書けないと思います。







[PR]
# by momost9520 | 2017-09-18 15:19 | 槇原敬之さん的なコト | Comments(3)

新潟市の万代というところに、
外国製?の色々なお菓子が量り売りされているお菓子屋さんがあるのですが。
主に、グミ、ラムネ、チョコ、キャンディでしょうかね。
全部で60~70種類くらいあるでしょうか?
色とりどり、さらに色々な形でユニークに富んだお菓子がたくさんありました。

まぁ、日本じゃあまりお見かけしない色のものとかもうじゃうじゃ(言い方!●)と。
例えば、虹色の帯のようなグミとか・・・形だけがデカイどギツイ色のグミとか・・・
あとは、何だか寄生虫?(だから言い方!●●)のような、、、
ヒモみたいな気色悪い色(もう、言い方ね!●●●)のグミとか・・・まぁ、スゴイんです。

1g=5円だったかな。
意外と割高になってしまうっていう、商売上手なお店がありましてね。
うちの娘わーさんも、先日初めて行ってみたのですよ。
まぁ、子供心をくすぐるような色や形のお菓子がとりどりと・・・彼女は夢中でしたわ。

その、寄生虫(言い方よ●)みたいなヒモのようなグミも買いましたよ。。。
ちょっと貰いました。


くそ不味かったですわ●●●


あ、すいません、食べ物のことをこんなに悪く言ってしまって・・・
いや、でももう隠しようもないしね、はい、不味かったんですわ。
その証拠に、わーさんは一口かじり、、、「あげるー」と私に。やっぱりね●●●


いかに、日本のお菓子が優秀かってことですよね。
グミ一つとっても、どうやったらこんなに不味く作れるのか?!と・・・爆



まぁ、視覚的に楽しむためのお店ですね。
・・・とは言いましても、種類も多いですのできっと美味しいものもあるでしょう。
ワタクシ達親子のチョイスが残念だっただけなんでしょうけどね。苦笑




そんな娘わーさん。
先日、夏の終わりの一大イベント。



しまじろうコンサート



無事に行ってきましたー(^-^)
c0357757_22022276.jpg
































お天気は快晴!!めっちゃ暑かった!!
そして、会場は新潟テルサ!!

そうです、2015年のラバピーツアーが催された場所です!!
あの時は二日目にあばれる君がサプライズしましたよねーーー 懐かしい

もう2年以上も前のこととは思えぬ、昨日のことのように思い出せますねぇ。
  

そんな場所で今回、しまじろう達がやってきました。


わーさん、コンサートデビュー。
4歳にして何と贅沢なっ!!

前の日あたりからわくわくしながら、
しまじろうとその妹のはなちゃんのぬいぐるみをせっせとカバンにつめておりました。



ただ、、、
開演は午後の1時半。



通常ならば、幼児はお昼寝ターイム♪
どうやら、彼女には激しい睡魔が襲ってきておりました。
「起きろー起きロー!」とまるで雪山の遭難者の如く私は声をかけ続けました。爆


なので、半ば夢うつつの中、約1時間半の公演が終了しました。笑


ただ、私達の席の近くまでしまじろう達が来てくれたため、
その時ばかりは緊張の面持ちで手を伸ばしておりました。
しかし、そこは私の娘、、、小心者のため手を伸ばすだけで、実際に触ろうとはせず。
逆に私がぐりぐり触ってしまった、という結果に●


でも、終演後は「楽しかったねー」と言っていましたが、、、ホントか?!●爆

主に友情をテーマにした公演でしたもので、途中ホロリとするところもあり。
私、大人なのに、泣いてしまってるわ、、、などと思いながら。

それでも、
「マッキーの時はあのあたりの席だったなー」なんてフトドキなことも考えながら。



わーさんの記憶の片隅にでも残ってくれれば幸いですが。
ちなみに、私の幼い頃の記憶は年中からなので、怪しい限りです。




しまじろうのコンサートに行って、


改めて マッキー好きだーーー!!!


と再認識した(いや、比べるところ違うから●)1日でした。




さぁ、マッキー!次はいつ新潟来ますか???佐渡でもイイよ!!





[PR]
# by momost9520 | 2017-09-10 22:31 | ムスメゴト | Comments(2)

大変ご無沙汰しております。


・・・と、誰に向けて言っているのか分かりませんけども。
8月の記事が何と1件!となってしまいました。


しかも、
「浮かれない夏’17 宣言」をしておりましたが、


そんなそんな、浮かれる間もなく、アッという間に夏が過ぎ去り、秋です。
もうすでに8月終わり頃より、こちら新潟は秋の気配が。
あんな宣言してましたけども、ちょっとくらいは浮かれたかったー 爆


最近、一週間の経過があまりにも早くて、
このままおばーちゃんになってしまうのね、、、と恐怖です●


そんな、、、ここ一カ月を振り返ってみたいと思います。
そういえば、先日ワタクシゴトですが、齢を一つ重ねました、もう立派なアラフォーです。
そろっと、年齢に見合う女性にならなければ、と思いつつも早十数年。
日ごとに腐るばかりの毎日を過ごしております。
月のマンガの購入金額が大変なことになっておりますもので、何とかせねばという状況です●

最近では、うちの相方がワタクシの愛読書のことを「ゴミ」と言うもので、
娘わーさんも私の本を見つけると「ママ!ゴミ落ちてたよ」と声をかけてくれるように。
しかも満面の笑顔で!笑

相方には辟易しておりますが、娘わーさんのその言い方は可愛らしい♪
しかし、彼女もそろっと物心がつく頃。
マンガの保管場所を真剣に考えねばならない時期となってきましたね。


読まなきゃいいんじゃない?


というご指摘は、一切受け付けてはおりませぬ●●●


そんな我が家の近況ですが。
そうそう、DVDプレーヤーが壊れてしまいました。泣


DVD取り出し口が開かなくなってしまいましたよ。
どうしたらいいんでしょ、マッキーのDVDが見られませんよ、こりゃまいった。
最悪PCで観るという手もありますけども、音がね…
10月25日までには何とかしたいものです。

ところで、この1カ月近く、何も考えずに過ごしていたわけではありませぬ。
その時代、自分のおかれている立場や環境、
はたまた年齢などで、好きなものが変わっていくことがありますよね。

そんなことをはたと思いながら…

マッキーの曲ではどうだろう?とふと思いました。


10年以上前の記事では、好きな曲はこれとこれとこれで、トップ10には入る
などとほざいていた時期がありましたが。
果たして、その曲達は今の自分の中では不動のものなのか、はたまた変わっているのか。
突拍子もなく思いまして、少し考えておりました。

38歳となった、今現在の自分が好きなマッキーの曲!!

今、まとめているところなので、詳細は後日upしたいと思っておりますが。
やはり不動のものや、、、昔はそんなに好きじゃなかったような曲も、
今聴くと、、、「何だこれー(いい意味で)」と思ったりと。

不思議ですね。
そんな中でも、心動かす不動の曲!っていうのもありそうなので。


そんな感じで、この一カ月は過ごしておりました。
曲も年々増えていきますしね。。。実際、生で聴いた歌などは好きになる傾向もありますしね。



ということで、近日公開予定です。
9月からは、またブログの更新、頑張りたいと思います(_ _ll)





[PR]
# by momost9520 | 2017-09-08 23:48 | 徒然日記 | Comments(7)

浮かれない夏 ’17 宣言



私の仕事の関係で家を空けるということで、
4歳の娘わーさんは、一人で私の実家(佐渡島)へ一時避難。
3泊4日でしたが。

無事に戻ってきました。
迎えに行って、私の方に向かって走ってきた時は、思わずうるっとしてしまいました。
何せ、私も4日も会わないでいたのは初めてでしたもので、感極まるものがありました。
ここ10年くらいずっと言っている気がしますが…


「最近、涙腺がヤバい」


↑↑↑
これ、最近っていつが最近よ?って感じですが。
またしつこく言います、「本当に最近特に涙腺がヤバい」

もう、油断していると「ドラえもん」オープニング曲で泣いてしまう。
ストーリー部分じゃないですよ?OP曲ですよ。笑
もちろん、歌だけではさすがにですが、映像付きで見ると大変です。



そんな、前頭葉機能ゆるゆるのたんぽぽ毛。
ついに新潟県も「梅雨明け」宣言しました!爆
明けたと思っていた私は何だったんだ?

空気がカラっとした気がしますね、とかどの口が言っていたんでしょ●

私事ですが、
来週より夏休み期間に入ります。
うちの職場は6~10月の間で3日間もらえるんですが。
今年から始まった「山の日」と、年休も1日使って、合計7日間も休んでしまいます。
ということで、先日も行った気がしないでもない、佐渡へ帰省です。爆
今回はまるっと7日間佐渡滞在予定です。

ここで朗報ですが。
どうやらうちの父親、無事に杖歩行までに回復しているようです。
最近では自動車運転もしているとか…さすが田舎●都会ならアウトー!でしょ●●
でもやはりまだ自信がないようで(よく分かりませんが●)、温泉旅行は延期となりました。泣


そう、うちの実家にはシアター室?並みのデカいTVと、DVDレコーダー。
それに合わせたオーディオ関連?のスピーカー??が設備されている部屋があるんです。
(うん、絶対にうちの実家には必要ないと思っている●年に何回くらい稼働すんだ?って話デス)

そこで、じっくりとマッキーのDVDでも鑑賞してこようと思います。



そして、やっとこさ本題です。


「浮かれない夏!2017年!!」宣言しました。
一体何のことって感じですが。

つい先日のことです。
今、担当患者さんで23歳の女子がいるのですが…
初回に年齢の話となりまして、私がボソッと

「やっぱり若いよねぇ~、私なんてもうすぐ40になるからね…」

的なことを言ったんです。
そしたら、その子が


「え!!嘘ですよね?27くらいだと思ってました!!」


と、驚かれてしまった。
(思わず「27」を強調してしまいました、ウザくてすみません●)
速攻で相方に自慢したところ…


「患者も大変だな、社交辞令を言わなきゃいけないなんて」


と、割と厳しめに戒められました●●●
(そう、うちの旦那はワタクシに一切の期待的なものは皆無ですので●)


「ほら、太ってる人は肌がパンパンだからね」


さらに、攻撃をしかけてきました。爆死●



た、確かにっ。
私の中でのいくつかの持論がありまして…
以前も紹介しました「コニシキ理論」もそうなんですが、今回のやつもそうです。

私はだいぶ肥満体系なのですが、
もちろん顔面もパンパンでありまして…
それが影響しているのか、、、
というかそれがほとんどでしょ●ってくらい、皺がほぼないんですよ。
なので、若干若く見えているのかもしれません。
ただ、よーっく見るとシミはすごいことになっておりますが●ギャー

これを私は「パンパン風船理論」と呼んでいます。
どうでしょうか?ご賛同いただけますでしょうか…苦笑


そのため、その23歳の患者さんには27歳に見えてしまった、という結論に至りました。
27歳っていいましたら「平成生まれ」。うん、夢のようだね^^
この「パンパン風船理論」、理論上は風船が割れると一気にシワシワとなりますので。

私が20キロくらい激ヤセしてしまったら、大変なことになるってわけですよね。
これはジレンマですよ、奥さん。
痩せたい、でも痩せたらシワシワに…でも痩せたい…うーん


よし、

「浮かれない夏!宣言2017年バージョン」

コレです。


とか言って、来週月曜8月7日は立秋ですってよ。
暦の上では「秋」ですよ、奥様。
新潟は梅雨明けしたばかりだというのに…
そして私は宣言したばかりだというのに…泣



ただ、若く見られるっていうのは、嬉しい反面、
実際仕事的にはどうなの?って感じですよね…
自分の担当療法士が頼りない感じに見えていたのかもですしね。
もちろん、若くてもしっかりした療法士はたっくさんおりますけども。
私は、経験年数はありますが能力が比例しておりませんもので…

頼りなさげに映ったのかもしれませんしね。

なので、今回の一件に関しては、手放しで喜べない部分もあるわけです。


まぁ、でもこれでも女子の端くれですので、やはり若く見られるのは嬉しい。
精神年齢は中2くらいで止まっている感は否めないですが。泣


よしよし、「浮かれない」ゾ!!






[PR]
# by momost9520 | 2017-08-04 23:11 | 徒然日記 | Comments(3)

蓮が好きすぎて…


どうやら…
新潟は未だ梅雨明け宣言していないみたいです。
どうしたことでしょうか、もう8月になりますよ。爆
またいつものアレですか?ふわっと梅雨明けしていた宣言デスカ?
何年かに一度あるんですよ、このふわっと宣言が●

無事に2泊3日の東京出張が終わり、先ほど自宅へ。
金曜日の夕方に東京入り、宿泊場所の池袋へ。
人がすごかった。
想像以上の人の多さに、田舎モン丸出し状態でした。


東京も土曜日はお昼頃から雨でしたー
初日は朝9時からスタート。
そして19時までみっちり座学とディスカッション。。。

もう、絶対に睡魔との闘いがそこにあるっ!とワタクシは確信しておりました。



そう…
分かっていたのに。


29日土曜日、、、山手線の始発電車に乗り、ワタクシが向かった先は。


上野不忍池


そうです、蓮の花がちょうど見頃です。
上野到着4:45過ぎ。。。


滞在時間、約20分


またそこから池袋まで戻り、ホテルに着いたのは5時半過ぎ。
そして、集合時間である7時までは、二度寝することなくまったり過ごしました。



いや、どう考えてもアホですよね、アホだ。
これから約9時間近くの研修を控えているというのに、朝から蓮ですか?!


でも、過去の日記でも色々書いておりますが、私は蓮の花が好きすぎるのです。
c0357757_22122403.jpg
はぁ~(ため息×10)
めっちゃ綺麗~

蓮は早朝から開花しますので、それに合わせて行ってきました。
残念ながら「ぽんっ」という音は聞けなかったのですが、、、
そもそも本当に音は聞こえるものなのか???

c0357757_22134254.jpg
この高層ビルとの対比がたまらんですね。
弁天何ちゃら?ってところも趣がありますよねー

さすがに朝早かったので、散歩やジョギングの人がほとんどで、
かなりのびのびと撮影できました。

ホント、出張費使って何してんだ?って話ですよね。。。

なので、その日の研修は、絶対寝るまいっ!
(そもそも、研修は寝るものではありません●)
…との思いで何とか寝ずに終了しましたー


まぁ、ホテル戻ってからはバタンキューでしたが。
そんなこんなで、東京へ何しに行ったんだ?というツッコミは無しで●●●

上野不忍池といったら蓮!不忍池の蓮といったらマッキー!!
はい、そして残念ながらというか、予想通りマッキーには遭遇できませんでした。爆


とりあえず、明日一日代休いただいているので、佐渡へわーさんを迎えに行ってきますー









[PR]
# by momost9520 | 2017-07-30 22:55 | 徒然日記 | Comments(4)

先日の記事に、

「新潟が梅雨明けした」

・・・と、書きましたが。
実は、明けていなかったようです。爆


昨日から本日にかけて、結構な雨が降っております。
関東は水不足だっていうのにね…各地で落差がありすぎですよね。
今年の新潟の梅雨は、本当に雨ばっかりの印象です。
それも、今週半ばくらいまでかなぁ、とは思いますが。


今週の金曜から、日曜日まで出張研修で東京まで行きます。
土日も研修会なので、今週と来週の平日1日ずつ代休がもらえます。
その一日目が本日です。

平日休みなんて久しぶりー

…でもなかった!!
マッキーの新潟公演後の月曜日は余韻Dayと称し有休取ったんだった●


そうなんです。
東京まで行きますよ。
研修先は、東京都清瀬市の会場なのですが、宿泊は池袋です。
田舎者の私からしたら、「池袋」なんつー単語は背筋が凍るほどです。
それなら、まだ東京とか上野とかの方が安心感ある。新幹線停まるので。

池袋…

勝手な偏見ですが、怖い街 のイメージです。笑

もちろん、実際そんなことはないんだろうけどね。
そして、私一人で行くわけではないので安心なんですけどね。4人で上京予定です。
ちなみに、3日も留守にするわけなんですが、その間娘わーさんは佐渡へ。笑

相方に3日間はきっと修行レベルと思われるため、
ちょうど愛知から姪っ子も夏休みで佐渡帰省中ですのでちょうどよかった。
今からわーさんはわくわくしておりますwww

どこかでマッキーに遭遇できないかなぁ、なんて厚かましい妄想をしております。

頑張ってきます。



さて本題です。
最近、うちの相方氏(37歳B型)。

朝、いつもより30分ほど早く起きて、筋トレなるものをしております。
先日も、通販で何やら怪しい段ボールが届きまして…


一体これは何だ?


と、思い、問い質すと。



プロテイン



とのこと。
え???どういうこと?
毎朝の筋トレにプロテイン???爆



お前は一体何を目指しているのか…



ちなみに、うちの相方氏のボディは、意外にもシュッとしており。
シックスパックとまではいきませんが、割としまっております。
逆にワタクシのお腹はダルンダルンのボヨンボヨンでございます。
先日も娘わーさんに「ママのおなか、お餅みたいだね~」だって●



え?何ですか?彼はシックスパック目指してんの?



聞くと、、、特に目指してはいない、とのこと。

モテたいのか?彼はモテたいのだろうか…
何か昼顔みたいなのを目指しているのだろうか●●●


「あんたはアホですか?」


と、あしらわれましたが、本当のところはよく分かりません。
去年、健康診断でひっかかったから、との理由だそうです。
しかし今年はセーフ…だったはず。

はっ!

それか、、、私にも痩せろ!!と暗に示しているのだろうか。

むむむ、それはそれでプレッシャーだわね。



この夏、うちの相方の腹が6つに割れるのか否か…こうご期待ですっ!!







[PR]
# by momost9520 | 2017-07-24 08:48 | 徒然日記 | Comments(4)

”桃” の破壊力


毎年、新潟の梅雨明けは関東より少し遅れます。
「”関東甲信”の梅雨明け宣言です」
と、いつも「関東甲信越」の「越」が仲間はずれなのです。

ただ、今年は違いました。

関東甲信越の梅雨明け宣言したみたいです!
よし!新潟、頑張った!!笑

心なしか、ジメッと感は和らいだ気がしますが、どうでしょうね?


本日、職場の送別会でした(飲み会ですね)。
この世から無くなってほしいものトップ5には入ります、「職場の飲み会」●
飲むのは好きですよ、、、ただ少人数で飲みたい。苦笑
できれば2人でのさし呑みがベスト。せめて4人までですね…
そんな消極的なたんぽぽ毛ですが、本日も地蔵のように2時間。笑

ただ、今の職場も9年目に突入ですので。
だいぶ古株となってきております(それはある意味恐ろしいことですね…)

いや、、、そろそろ慣れろやっ!!●●●

って声が聞こえてきております。
分かります、はい分かるんです。
でも慣れないのです。。。私より年下の若者の方が大多数。
小心者というよりは気にしいさんなんでしょうな。
受け身な自分がそこにはいて、自分のダメなところでもあります。


そんな中。


本日の席。
クジを引いて決まりましたが。
長テーブルの一番端。
位置的には上座ですよ。
ワタクシみたいなもんがよろしいんでしょうかしら●
今夜は割と当たりの席でした、終始平和な感じな時間経過でした^^


ちなみに、私の槇原変態、、、もとい、槇原好きに関しては、
同部門の同僚や少し親しい人なら周知の事実なのですが。
本日座った横、前の席の方にはまだ知られていなかったようで…
なぜだか私の結婚式の話になり、
そこから話が波及して、槇原さんの話へ(ナゼニ?)


そしたら、隣の席のメンズが、


「槇原好きなんですね…「桃」いい曲ですよね」


だって!!



  
2001年4月25日発売。通算23枚目のシングル曲。

マッキーファンの中でも人気の一曲です。
2001年4月と言えば、槇原さん復帰後割とすぐですよ…
PVでも徐々にカメラの前に近づいてくる、みたいな演出ですよね。

ファンの間では、かなりメジャーな曲ですが…
過去に「桃」について畏れ多くも語った記事 ⇦ご参照ください。爆)


マッキーファンじゃない人で、この曲を知ってる???




君、さてはマキハラ好きですね?




否定はしていましたが。
「桃」が好き、という時点で「ファン」の仲間入りですー♪
ちなみに彼は私より6歳下なのですが、

「大学時代に初めて聴いて、歌詞の深さに驚いた」 そうです。

桃、発売当初は私自身が大学生でしたので、彼はまだ中学生くらい???
まぁ、この歌を知るまでのブランクありますけどね。
むしろ、なぜそのタイミングで「桃」を聴いたのかが謎ですけども。


そして続きます。


「”僕が一番欲しかったもの”もいいですよね」


くるね、くるねー!!いいよいいよー!(何様?●笑)
こういうの、もっと欲しい!爆


僕が一番欲しかったもの
2004年7月28日発売。通算32枚目のシングル曲。
(前年、BLUEに提供した「THE GIFT」のセルフカバー曲)

2004年なので、むしろこっちの方が彼の場合、大学時代ドンピシャですかね。


この「僕が一番欲しかったもの」と「桃」に関しては、
私の中のマッキーBEST10に入るほど好きな曲です。


そんなたんぽぽ毛です、テンションめっちゃ上がりますよね。。。
ただ、そこでハメを外しすぎないのが小心者たる所以でございます。

そうこうしているうちに、席替えタイムとなり、、、
マッキー話に関しては宙ぶらりん。
もっと歌詞について熱く語り合いたかったーーー、残念。笑



とりあえず、次回の新潟公演。ご新規一名様ーーー♪ で、よろしいですか?笑



いや、どこに隠れているか分からないもんですね。
まぁ、彼は「決してファンではない」とは言っていましたが。。。苦笑
まだまだ探せば、うちの職場内、職員数半端ないのでもっといるはずですねー

地道な活動を続けようと思いますっ!






[PR]
# by momost9520 | 2017-07-21 23:51 | 槇原敬之さん的なコト | Comments(2)

海の日ですか。

今年からは「山の日」なんていうのもできましたからね。
「川の日」とか「森の日」とか、果ては「自然の日」とかできたらいいんだわ。
日本人は働きすぎですので、どんどん祝日を増やしてほしいものです。

昨晩、ワタクシが愛してやまない槇原敬之氏のDVD鑑賞中の出来事。
相方氏がトイレで起きてきました。
ちょうどマッキーのMCタイムだったのです。


「うわっ!マキハラしゃべってる!!」


と、言い捨てて、また床につきました。


まぁ、、、
この際「マキハラ」と呼び捨てにしたことは横に置いておきます(許しがたい行為ですが●)

マキハラシャベッテル?

そりゃ、しゃべるだろって●
あなた様と属性は一緒のはずですけれども●●
かなりイラっとしましたもので、日記に書いてやりました。爆
(マッキーファンに石を投げられたらいいのですヨ●)
歌手の人のトークってそんなに珍しいんですかね。
うちの相方は詳しくは聞いたことはないですが、ライブとか行ったことなさそう。
いつも、顔に似合わず●洋楽のギャーギャーうるさい系のやつを聴いてますので。
あ、昔フジロックとか行ったことあるとか言っていたような…ふぇす かよ●怒


さて。
本日はワタクシ学生時代の友人6名とランチで女子会してきました。
学生時代の友人なので私と一緒の、全員30代後半。
なので「女子」と言うにはおこがましいのは承知の上です。
そして、全員ママになっていて…時の流れを感じるねぇ。
めずらしく娘わーさんが一緒に行きたい、と言ってきましたので連れて行きました。
(普段は人見知りなので、絶対一緒に行かないのです)
他にも二人ほど子連れでしたが、いや~、楽しかったなぁ。


そこで、はたと気付きました。


話す内容と言えば。。。
・子供の話
・旦那の愚痴
・旦那の愚痴
・旦那の愚痴
あれ?●
・旦那の愚痴

・少し仕事の話。。。

まぁ、こんな感じです。
圧倒的に旦那と子供の話が中心となっていました。

私は普段、このブログ内で変態的な部分をさらけ出しておりますけども、
そんな自分は一切おらず、まぁ基本的には聞き役なんですけどね。

でも、話せって言われればどんどん話しますよ。

「槇原敬之、新潟来たんだよ」 とか。
「このマンガめっちゃ萌えるー」 とか。

ただ、、、
そんな話を聞いてくれる人は果たしているのか。
共通の趣味を持つ仲間であればまた別ですけども…

おそらく、一般的な30代後半女性。。。


私、かけ離れてるわー


帰宅後、何だかそんなことを考えてしまい、軽くへこみ。苦笑


あ、でも決してそういう場が嫌とか、つまらないとかでは全然ないのです。
今日の女子会(だから年齢が●)だって、めっちゃ楽しかったし。
私も軽く相方の愚痴など話していたし…
ただ、このブログを書いている時の熱量とは少し違う気がしまして。


本当に学生の頃と違うのは、
色々な立場の自分自身がいるってことですよね。

・母の私
・妻の私
・主婦の私
・職場の私
・マキハラ変態の私
・腐女子の私
・37歳の私

おっとー、色々な「私」が出てきましたねー
どれも本当の私であって、うそ偽りはないのですが。
一日のうちでどのくらいの割合で顔を出すかってことですかね。


小さい頃、30代後半なんて「すごく大人」と思っておりました。
それがどうでしょう、こんな仕上がりになっておりますが・・・笑


ちなみに、

30代後半 女性 一般 生活

上記で検索してみたところ。
c0357757_23480116.jpg
こんなものがヒットしてしまいました。爆

なんじゃこら。
お姫様抱っこって!
どんなイメージだ!!

そして、よく見ると「30代後半」じゃなさそうですが●苦笑
でもちょっとこんなのも憧れる。


私、身体は37歳ですが、心は中学女子です。爆
イタい、イタすぎるぞ自分!!



歳相応って一体何なんだろう…本気で考える一日でした。




[PR]
# by momost9520 | 2017-07-17 00:02 | 徒然日記 | Comments(2)

おやつカルパスが好きすぎるたんぽぽ毛です。
最近は5cmくらいで1本10円のやつが売られていますが。

私、、、たぶん300本くらいイケちゃうわ、、、たぶんwww

ただ、体には悪そうですけども●
娘には「大人の食べ物です」と言いつつあげない最低な母です^^;


昨年度までは時短勤務をさせていただいておりましたが、
今年度からはフルタイムで働いております。
その影響からか、歳のせいか何なのか、、、一週間の経過が早すぎます。
ブログも書こう書こう、書きたい!と思いつつも、そのまま夢の中へ。

ただ、昨年のこのブログの更新率と比較したら、今年は金メダル級ですよ(自分で言う●)
そんな感じで自分自身を鼓舞しております。
最近はあまり定時にも帰れなくなってきておりますが、
夕方17時過ぎくらいから、夜22時までの5時間は…
「え?!」って言うほど短いです。。。

ちょっと残業し、娘を保育園まで迎えに行き、(たまに買い物して)、
帰宅後夕飯を作り、ついでに翌日の弁当も作り、食べて、娘を風呂に入れて、
寝る前にちょっと戯れて、、、そして寝かしつけ、、、私も一緒に落ちる…

そんな毎日を過ごしております。
そんな感じなもんで、あっという間の5時間です。
なので、休日の夜っていうのはだいぶゆったりとしていてよいですね。
色々な方のブログも覗きに行けますし、自分のブログも更新できる。
読書タイムという名の「腐女子活動」もできますし。苦笑
あ、マッキーのDVDも観られますね。。。そして今も「おもてなし」DVD流れております。


たんぽぽ毛さん、「おもてなし」好きすぎませんか?と言われそうですが。


ハマったら、なかなか一途なワタクシ。ご了承くださいませ。



…ということで、本題です。

ワタクシの愛してやまない槇原敬之氏の「Believer」ツアーが無事に終了。
もうネタバラシOK、とのことで、ここで少し反省会です。
こちらのブログにお越しの数少ない、そしてコアな皆さま(いつもありがとうございます)。

覚えておりますでしょうか?

ワタクシ、今回のツアー参戦前に、


歌ってほしい歌!を何曲か選びました。。。(2017年4月13日の記事をご参照ください)
再度書きます。


四つ葉のクローバー
The Average Man Keeps Walking
桜坂
Firefly
Gazer
Remember My Name
Such a Lovely Place
Anywhere
僕が一番欲しかったもの


お気付きの方、大多数と思われますが…


まさかの、1曲もヒットしなかった・・・●●●


という事態に陥りました。がーん
私は今回のツアーは、新潟2Daysと東京公演4回目に参加しました。


新潟が私にとってのライブ初日でしたが。
意気揚々と「歌ってほしい歌、9曲もあるから1曲くらいはー」
などと、軽く考えておりましたが。


お、恐ろしい、、、
どうやら私と神毛利とは、全く合わないのだな、、、とがっくし。
いや、でも新潟1日目で歌ってくれた、「Sakura Melody」はよかったーーー

初めて聴いたんですが(え?●)、よかったーーー

えぇ、日本一のファソを自負するワタクシたんぽぽ毛。
何と新潟公演の日が、この曲の初聴でした●●●(ホントすみません)


イントロ流れてきても、

「ん?はて…?この曲は???」

確か、特に曲の説明をせずにすぐに歌い始めたんですよね。
曲終わりに「今の曲は~」みたいな曲紹介はしておりましたが(私の記憶が確かならば)
その後はお馴染み(?)のイカさんの歌でしたからね。笑


なので、

「おっ!?新曲か?!」

なんて思ってしまった私は、本域のファソだと思いませんか?爆
マッキーの提供曲と聞いて、なぜだか「ハトマメ」がすぐに浮かぶたんぽぽ毛●

結局、マッキーどのくらい曲提供してんだよ、って。
新潟では13曲?って言ってたような気はしますが、東京では24曲?と訂正していました。

もっとあるんじゃない?

って、思いますが、どうでしょう???
ファンの皆さまー(ワタクシはファソなので当てになりませぬ●)


そう、新潟公演終わりで。
自分の予想がことごとく外れてしまい、軽くやさぐれていたのも束の間。

マキ友さんから、
「たんぽぽ毛さんが予想していた曲、歌われ始めましたよ」との知らせが!!


何ということでしょう~♪


…というか、本心は「今頃かー●」でしたけども。
本来、私は今回のツアーは新潟公演のみの参加でしたもので。
でも、悪あがきをして東京公演をねじこみました。苦笑


そう、その東京公演4日目に参加!!



歌ってくれました、四つ葉のクローバー



きたーーーー!!!
マッキーありがとうございますっ!!
さらに、「PAIN」の弾き語り付き(これはたまらん)

この四つ葉のクローバーは私にとっても思い出深い曲。
あ、いや全ての曲に思い出深い思い出があるのですけれどもね…苦笑

その中でも特にこの「四つ葉のクローバー」は!!
話すと長くなるので、割愛します●(おい●)
だいぶ端折ると、「娘とのとても繋がりのある曲」なのです。。。はい。


ライブ全然関係ないけど、
この曲のPVの最後の大サビのところの、
ピアノを弾かずに指揮者みたいに手をタクトのように動かしている部分がツボです。
しかも、何かに反射して映ってるんですよね、ピアノ?だった?水面?だった???
相変わらず曖昧ですが●●●



そんなわけで、新潟公演のサクラメロディーと、東京での四つ葉のクローバーは痺れた。
サクラに関しては、ライブ終わっても本家をずっと聴いておりました。
マッキーの歌っているものはないんですよね、、、とても残念。
私の耳に録音機能があったらなぁ~、って思ってしまいます。泣



ちなみに、予想曲の「Anywhere」も後半、結構歌われていたみたいですね。
この曲はAメロ歌い出しの
「光るタワーの上の方が 低気圧の空に飲み込まれて」、、、の部分

大大、大好物でございます!

東京4日目は収録日とのことで、今後DVD化を希望しますが、
この日替わり曲のところだけでも、全個所繋いで特典映像とかにしてほしいなぁ~



でも、特典映像。。。

セレブレDVDを筆頭に、
今までろくに観たことがない私は、やはり安定のファソだったわ●●●






[PR]
# by momost9520 | 2017-07-15 23:57 | 槇原敬之さん的なコト | Comments(0)

新潟はまだ梅雨は明けません。
このジメジメ感、何とかならんもんですかね。

そんな中・・・
何と奥様。
ワタクシの愛してやまない槇原敬之さん。
3月から始まったコンサートツアーでしたが、、、先日無事に千秋楽を迎えました。

いやー、3ヵ月半くらいでしたが。
思い返すと本当にあっという間でしたね。
私は今回のツアー、参加したのは

新潟2Days(4月15/16日)
東京(6月2日)

上記の3公演です(^0^)
今思い返すと、、、もっと行けたんじゃなかろっか?という感じですが。
まぁ、結果論的な後付けなものでね。。。
ということで、ぼちぼちとネタバレ記事をば…爆


・・・ここでその記事を書かないのがたんぽぽ毛でございます●●●


あ、決してメンドイとかそんなことは、、、ごにょごにょ●
壮大なネタバレ記事を読むならば最適な場所がございますので、そちらへ。
ぐるぐる☆のりまき缶
↑↑↑

マッキーふぁんならば、今や誰もが知っているレジェンド朝陽さんのブログです!!
もうオフィシャルでいいんじゃね?って思ってますが、これ以上言うとご迷惑が。あわわ
(朝陽さんゴメンナサイ。。。)



ということで、ワタクシ本日は、
槇原敬之さんのDVDについて語らせていただきます。笑


しかも、らばぴーでもなく、すたーりーないとでもなく…


「おもてなしツアー」DVDです。


前々から、結構話題には出ておりますが…
このDVD、本当に槇原さんダイジョウブデスカ?カッコヨスギマセンカ?と思うほど。
なぜか片言となってしまうほどのカッコ良さと歌の上手さでございます。

先日、「銀の龍の背に乗って」がとてつもなくヤバい!と書いた記憶がありますが。
本日はDisc1をメインにお話しさせていただきたいと思っております。
Disc2はさらに大変だーということなんですが、それは後々。
特に、真夏の夜の夢とRIDE ON TIMEは呼吸困難必至ですよねっ!!

ここ何日か、ちょっと低空飛行でしたが少し浮上するキッカケとなっております。


ちなみに、このおもてなしツアーは、私は行けておりません。
娘わーさんがまだ乳児だった、ということもありました…
今更感否めないですが、、、


無理してでも行っておけばよかったーーー
(わーさんすまぬ●)


さて、さっそく。
本日ご紹介するのは、Disc1/12曲目「僕が一番欲しかったもの」

このおもてなしツアーは、ほぼほぼカバー曲で構成されておりますが、
この「僕が一番欲しかったもの」はマッキーの代表曲となっております。
ワタクシの中でも、5本の指に入るくらい、、、好きな曲です。
(何か、何本指があっても足りないくらい好きな曲多くないっすか?●)

歌自体がもう心震えますので、歌ってる姿なんぞたまらんですよね。

しかも、ライブバージョンの「僕が一番欲しかったもの」に関しては、
CDと異なる点が2点!!(実はもっとあるか???)
この「僕が一番欲しかったもの」に関してはこれまでたくさんDVD化しております。
それだけよくライブで歌われている、ってことでしょうか?
特に、セレブレーションでは鉄板ですよね♪

そうそう、CDとの相違点。

1点目:最後の後奏部分で「いえぇぇいー」とお客さんとのやり取りがある
2点目:大サビ部分の歌い方が微妙に違う

この上記2点。
めっちゃざっくり感ありますが。
CDではラストの「いえぇぇぇいー」のやり取りはないですよね。
そして、2つ目の大サビ部分って言うのは。。。

大サビ部分
♪結局 僕はそんなことを 何度も繰り返し~

まぁ、正確には大サビ部分の前段階でしょうかね。

この「そんなことを」の部分ですが、CDだと平らに歌うんですが、
このライブバージョンでは「そんなことを」の「ことを」の部分の音程が↗↘↗となります。
(CDでは「ことを」↗→→ ですね)

分かりづらっ!!

と思ったそこの奥様。ぜひチェックチェック!!
まぁ、チェックせずとも分かっていらっしゃる方は多いと思われますが…

そう、その歌い方がすごく好きなのですが。


特にこのおもてなしDVDに関しては、映像付きで素敵なのです。

映像部分としては、「ことを」を歌い終わったすぐ後!!
時間にすると、1:19:47~51 この5秒!!
歌詞では「何度も繰り返し~」の部分です。。。



何はなくとも、この部分をチェックお願いします
あ、その直前の「ことを」もチェックなんですが・・・


この部分の何が好きって…



うーん、分かりません●爆



分かりませんが、すごく好きなんですこの5秒が!!
右手の動きと、右足のリズムの取り方!!

特に右手の動きはヤバいです、流涎止まりません!先生!!(?!)


このDVD全般的に歌も上手いし、素敵なのですが。
この5秒は特に好きで好きで好きでたまりません。


どなたか、賛同してくださる方は果たしていらっしゃるのでしょうか・・・
いや、きっといると信じています!!笑


まだ、ツボシーンはあるんですよ。
最後の掛け声のとこで「はいよっ」って言っちゃうとことか可愛い♪
おい、どんだけ長くなるんだよ●と言われかねないので、ここでやめますが。
「銀の龍の背に乗って」も、とてつもなく書きたいですが、それはまた今後。苦笑



このおもてなしDVDは宝の宝庫です。
四つ葉もそうですけどもね、、、あ、全部そうかっ!


とどのつまり、槇原敬之さんめっちゃ素敵!!ってことですよ。



次のツアーまで、またエネルギーを溜めて、愛を深めようと思います。
槇原敬之さん、そしてバンドの皆さま、スタッフの皆さま、
本当に3ヵ月半、お疲れさまでしたーーー!






[PR]
# by momost9520 | 2017-07-09 00:34 | 槇原敬之さん的なコト | Comments(8)

また逢う約束。。。


本日の記事は、私の思いのたけを込めるものとして。
親友に捧げる内容となっております。
(内容的には重いですので、ご了承ください)


先日、小林麻央さんの訃報の記事を書いたばかりですが。。。
その数日後。

友人が亡くなりました。

彼女とは、言語聴覚士の専門学校時代の親友でした。
出会いは、私が21歳、彼女が36歳。

私が通っていた学校は群馬県にありました、そこで出会いました。
クラス全員で40名でしたが、半数ぐらいが現役生ではありませんでした。
かくゆう私もその中の一人。
歯科衛生士となり、その後に言語聴覚士の資格を取りたくて入学しました。
彼女は、元々看護師として働いていましたが、思うところあり入学したそうです。

現役生ではない、というところでも意気投合しましたが、
それより何より居心地の良さが一番の理由でした。
ちなみに、15歳の年齢の差があり、私の母との方が年齢が近いという立場でしたが。
それでもあまり年齢差を感じることなく、
私が唯一タメ口で話せる年上の方、といった存在でした。
少なくとも私にとっては、、、なので。
彼女も同じように思っていてくれていたのであればそれは嬉しいですが。

闘病していたことは知っていました。
ちょうど私の娘が生まれた4年前くらいから、彼女の身体には変化が始まりました。
娘の近況報告を兼ねてする連絡がいつの日か、
徐々に蝕まれていく彼女の変化を知る
きっかけとなっていったのは皮肉といえばそうかもしれません。


ただ、正直なところ。
まだ実感がわかず、「どこかで生きているんじゃないか」とも思えます。

その訃報の知らせが私の耳に入ったのは6月29日。
同じ専門学校時代の友人からでした。
その友人も新聞のおくやみ欄でその事実を知ったとのことで、私に連絡をくれました。
その時にはお通夜は終わっていて、翌30日が告別式。
金曜日です。

仕事はお休みすることはできず、私は泣く泣く弔電を打ちました。

それでも尚、信じられないのは実際のお別れをしていないのも原因かもしれませんね。


年齢差が15歳でしたが、
彼女とは本当に気が合う仲でした。
考え方がものすごく若い、というのもあったと思いますが、
それより何より、波長がすごく合うといった感じでいつも一緒にいました。

人生の先輩でもあるので色々な経験もしているし、
話自体にも深みがあり、逆に「何で私なんかと一緒にいてくれるんだろう」と思うほど。

専門学校時代の4年間+社会人時代の4年間の計8年を私は群馬で過ごしました。
彼女は生粋の群馬人。

辛い臨床実習を乗り越え、国家試験。
実習以上に辛い社会へ飛び出しましたが、
職場は違えど私は彼女の存在がなかったら、辞めていたかもしれません。
それほど、学生時代よりさらにお互いの存在が何よりの支えだった新人時代。。。

色々なところへも行きました。
年に一度の贅沢旅!と称し、
草津温泉ハイクラスの旅、京都大原の旅、広島の旅、、、など。
彼女は私よりだいぶ大人でしたが、
意外に子供っぽい一面もあり、そんなところもお互いを認め合う存在。
もちろん、腹黒い●私のことも知っておりますし、少々変態ちっくな面も知っております。

群馬時代の私の男運の無さに呆れ果てる反面、
私の結婚を一番願ってくれていたのではないかとも思えます。
結婚式の友人代表スピーチは「彼女しかいない」と決めていました。

私が新潟へ戻る後押しをしてくれたのも彼女でした。
新潟へ戻っても、たくさん逢いに来る!と約束はしましたが、
結局は忙しさを理由にしたり、私が結婚することになったりと、
必然的に会う回数は減ってきました。

それでも、心は繋がっているような気がして。
電話での連絡が中心でしたが、
私の悩みをドンピシャで言い当てたりと、まるで超能力者のようでした。
一番驚いたエピソードとしては、私の結婚相手の名前を言い当てたことです。
のちに彼女は「何か頭にピンと浮かんだんだよねー」と話しておりました。

距離はあれど、私のことをいつも気にかけてくれ、本当に一番近い存在の彼女でした。


そんな彼女が亡くなりました。
享年52歳。


彼女の人生の中で、私はたった17年の付き合いですが。
それでもこの17年はとっても深い17年であったと自信を持って言えます。


弔電なんて、初めて打ちました。
こんなに辛いものだとは…伝えたいことはたくさんあります。

でも、何を言っても今更感が強く、時間がかかりました。

彼女の葬儀に行けない同級生達がお花をおくったそうです。
最初は1基の予定が、あれよあれよと賛同の声があがり、2基となったそうです。
そのエピソードを聞いても、
彼女を慕い尊敬していた人は多かったのだなぁ、と思えます。
実は、彼女が闘病していたことは同級生の中では私だけが知っていました。

彼女の性格からして、
そんな自分を見られたくない、という思いもあったとは思います。
昨年一度、病床の彼女に会いに行くことができました。

実際に彼女に会う前は、
会ったらまずは何を話そうか、、、と色々と不安の方が大きかったのは事実。
でも、面会で会えたその瞬間に、言葉などはいらないものなんだと思えました。
私は泣くまい、と思って行ったのですが、、、ダメでした。
お互い言葉は交わさずに、会った瞬間に涙がこぼれてきました。。。

その後は、ほんの30分くらいの時間でしたが、
娘のことや旦那は元気なのか、仕事の方はどうなのか…
自分のことよりも先に私のことを気にかけてくれる、そんな人でした。

帰り際、ボソっと彼女が、

「これで、たぶん最後になると思う」

と言いました。
私は、

「そんなこと言わないで、また絶対会おう」

としか言えませんでした。
何とかその時は歩けていましたので、
私が病棟のエレベーターに乗る前まで見送ってくれました。
泣いてはいけないとは思いながらも、最後まで私は泣き顔。。。


その日が本当に、彼女と会った最後になりました。
訃報より一週間後。
弔電のお返しとして、ご両親からお手紙をいただきました。

最期は穏やかに旅立っていったそうで、それが救いです。
手紙と一緒に届いたのは、


私が大好きで大好きで、彼女からいつも送ってもらっていた、漬物でした。


信じられない、という思いが強い中、その贈り物は、
彼女が本当に亡くなった、という事実を目の当たりにしたような気がして。
私の好きなものをご両親も知ってくれていたんだ、という何とも言えない気持ち。

声を出して、涙が止まりませんでした。
娘わーさんがビックリして少し気を遣ってしまうほどに。。。


ここには書ききれない彼女との思い出がたくさんあります。
それはこれからも色褪せることなく、私の生きる糧となると思います。
今は彼女に対しては、ありがとう!と感謝の言葉しかありません。

彼女の残した言葉たちは私の中でまた大きく育っていきます、大切にしたいと思います。


また絶対に逢える、、、
そんな言葉は陳腐かもしれませんが、私は信じています。

その時に、、、
彼女に胸を張って会える自分でありたいし、そうでなければならないとも思います。
「また○○はそんなことばっかり言ってるね~」なんて、、、
ずっと遠くの空から笑いながら私のことを見守ってくれていると信じています。

本当にありがとう。
彼女の次の人生がどうかさらに素晴らしいものでありますように。。。
心より祈りをこめて、今日のブログを贈ります。。。








[PR]
# by momost9520 | 2017-07-07 23:18 | 徒然日記 | Comments(2)

日本一のファソ!宣言


歌手の槇原敬之さんを愛して止まないワタクシたんぽぽ毛。

ちょうど、この6月はファンクラブの継続手続き月なのです。
毎年、振込用紙を使用して入金しておりました。
ところがところが、クレジット払いも受け付けているという事実を知り(遅くね?●)、
よし、楽チンだから今年はクレジット払い~♪

ということで、久しぶりに(え?●)槇原敬之さん公式HPへ。

ファンクラブ専用ページへ飛ぼうと思い、IDとパスワードを入力・・・




2015年10月1日より
ログインパスワードが変更になっています!


 

の文字・・・(@0@;)




ん?
私、登録し直したっけ???


いや、してないっ!!爆



さて、どうしたもんか。
とのことで、パスワードを忘れた方はこちらまでメールを・・・

と、ありましたのでメールを送信しようとすると。



登録いただいているメールアドレスと異なります、の文字。


そうです、ワタクシの現在のPCメールアドレス変わっちゃったんです。
以前のものを忘れてしまっており、もう八方塞り。


もう今年もめんどくさいけど、振込用紙で入金しようかな、と思った矢先。



ファンクラブ会員の皆様には、
ハガキにてログインパスワードを通知済みです


とのこと。
え?そんなハガキ来たか?とやや責任転嫁もいいところ。



ただ、さすがの私もそのハガキは捨てているはずはない!と一縷の望みをかけ。






ありましたー  (涙)
  




よかったー、
無事に保管できておりました。


そのハガキにしっかり書かれておりました。


2015年10月1(木)よりログインパスワードが変更になります! と・・・






え?つまり・・・
今が2017年6月だから・・・

私この1年半、一度もファンクラブ専用ページには訪れていないということ???



えー、確か本日の記事の冒頭で、

「槇原敬之さんを愛して止まない」

なんて、ほざいておりましたが。





とんでもないヤツだな。。。




全く、どの口が言ってんだ●って感じですね。



そう、そして私はやはり「ファン」ではなく「ファソ(ふぁそ)」なのです。
これでも昔は特に更新なんて毎日あるわけではないのに、毎日チェックしてたりとか。

そんなこともしていた時期もあったはあったんですよ。。。●●●(だいぶ言い方控えめ●)



あ、ちなみにこの「ファソ」ですが、たんぽぽ毛造語です。爆

※たんぽぽ毛的うぃきぺでぃあ

【ファソ】
”愛好家”という意味の「ファン」と根本的なところではほぼ同義語ではあるが、
その人のことを好きなはずなのに、実際の行動が伴っていなかったり、
口だけとなってしまったりと、真性「ファン」からは
「あいつ、本当にファンなのか?」とやや疑いの眼差しを向けられる存在のこと。

具体例としては、
・「○○のことめっちゃ好き!」って言ってるくせに、新曲発売を知らない
・「○○のこと考えると夜も眠れない!」って言ってるくせに、バッチリ10時間睡眠
・「○○のこと好きすぎて結婚したい!」って言ってるくせに理想の結婚相手で堤真一を選ぶ
・「○○のファンクラブは10年以上継続してる!」って言ってるくせに、1年半も放置


・・・上記のような、主に口だけ人間のことを指して表現する時に使用する名詞です。

ただ、調子がいいので「ファン」と「ファソ」を一定サイクルで繰り返す習性あり●
特にコンサートツアー時期となると、全面的に「ファン」を押し出しますが、
ツアーファイナルに向かい、どんどん熱量が↓「ファソ」に切り替わってしまう。


※ほぼ同義語: カメレオン 八方美人 たんぽぽ毛(←●) 



以上が「ファソ」となりますが、、、
私、胸を張って言えるわ!!



ワタクシこそが、日本一のファソだ!!  と。


あー、情けな・・・
さすがに、ここまでのツワモノはいないだろうとは思いますが、
本当に本当に槇原敬之さんを愛して止まないんですよ。。。苦笑


それだけは信じて・・・





↑↑↑ 
とか言っちゃうやつ●




あ、無事にファンクラブ継続手続きは終了しましたー  苦笑






[PR]
# by momost9520 | 2017-06-25 04:45 | 槇原敬之さん的なコト | Comments(6)

未来に残すもの


悲しい訃報が入りましたね。
小林麻央さん死去のニュース。

人が亡くなる、、、
ということは、たとえその人が自分に一切繋がりのない人でも悲しいですね。
麻央さんは、さんまさんの深夜番組「恋のから騒ぎ」の頃から知っておりました。
あの番組、確か名前の下に出身地も出て、「新潟県」ということで、
こんな美人さんも新潟の生まれなのね~、とお姉さんの麻耶さんの時から思っていました。
まぁ、実際は出生地らしいので、新潟で過ごした期間は短かったのだと思いますが。

今私がここで、何を書いても薄っぺらくなるのは分かっているんですけどね。

麻央さんのご家族の立場になってみれば、
マスコミの対応に関しては本当に辟易してしまいます。
関係のない私でさえも、見ていて切なくなるほどですから・・・

精一杯生きようとした麻央さん。
そして、それを傍で支えていたご家族や身内の方々。
本当に、お疲れ様でした!と言いたいですよね。

時にマスコミはあることないこと色々書きますからね。
本当のところなんて、当人にしか分からないはずなのに・・・

海老蔵さんも辛い立場ではありますが、何より何より、二人のお子様。
特に、長男の勸玄くんは、うちの娘と2ヶ月しか変わらない。
幼い子供二人を残して旅立つことを考えると、本当に胸が締め付けられます。

最期はご自宅で看取れたということのようなので、
お子さん二人もきっとそばにいたはず。
自分の母親の最期を幼いながらも、しっかりとみることができたのかなぁ、と。
麻央さんは、「生きたい」という強い思いもあったと思いますが、
それ以上に残されるご家族のことも真剣に向き合っていたのではなかなぁ、と思えます。

ここ何日か、色々な方々のネットのコメントを目にすることがありますが。
小さなお子さん二人を残して無念だったでしょう・・・というものが多いような気がします。

確かに私も最初はそう思ったんですけど。。。

ブログなども拝見していて、
あれほど精神力の強い麻央さんですから、
きっと、、、いや絶対にお二人のお子さん達へ未来への道筋となる何かを残しているはず。
「生きたい!」という強い思いの裏側には、やはり人間ですからそれとは反対の感情も生まれるはず。
通常ならば、その反対側の思いに押しつぶされそうになりますが、
それを新たな糧として、そして大事なお子さん達のために、麻央さんは最期まで生き抜いた、のだと。

そう思えてしょうがないですね。

このような話題の際に、自分の話をするのもどうかと言われるかもしれませんが。
私の母親は、9歳の時に自分の母を亡くしています(私の祖母にあたる人ですね)
幸い、母より上に兄姉が5人いたので、あまり寂しくはなかった、と話はしてくれます。

ただ、今の私の父親と出会って、結婚し、嫁いだ時。
本当に何もない状態、その体一つでやってきたそうです。
花嫁修業もせずに、勉学に励み、、、なので、姑である私の父方の祖母とはよく対立しておりました。
母親は、そのことに関しては「決して自分の母がいないからだ」という風には思わず、
常に胸を張り、姑に何を言われても立ち向かっていったそうです。
その話は私も小さい頃からよく聞かされており、思うところもありました。

実際、母はまだ健在なので「母親を亡くしてしまった娘の気持ち」
というのは本当にところは分からないのかもしれません。
ただ、実際母親という立場になり、子供と接していくうちに、、、

この子がこの先の未来に、道しるべとなる何かが私にはあるだろうか

と考えるようになりました。
自分の身にいつ何があるか分からないような時代です。
それが2年くらい前ですね。
そこからとりあえずできることとしては、、、
私には唯一取り柄と言えるものが、お料理くらいしかないので。
私のレシピを残し、全て保存してあります。
まぁ、レパートリーは少ないので、そんなに偉そうに言える資格はないです。
ただ、これから先の未来のこと。
一緒に過ごせればいいですが、そうはいかない状況もくるかもしれません。


自分と麻央さんを一緒に考えてしまうのは、大変おこがましくありますが、
志半ばで旅立ってしまった麻央さん。
きっと、きっとお二人のお子様への道しるべ、、、

そして、ご家族、身内以外にも世にこれほどまで大きく影響を与えたその生き方。
明日が来ることは奇跡なんだな、と改めて考えさせられます。


そう感じさせてくれた小林麻央さんに、心より敬意を表します。
そしてどうか安らかにお眠りください、と。

ご冥福をお祈り申し上げます。





[PR]
# by momost9520 | 2017-06-24 21:42 | 徒然日記 | Comments(0)

父上!緊急事態発生です



お知らせです。

うちの娘わーさんが、
槇原敬之さんの「Remember My Name」を歌えるようになりました。爆
素晴らしい!
胎児の頃より仕込んでいた甲斐がありました。笑
サビの英語詞の部分が彼女には「マイメロー」と言っているように聴こえるようで。
もっぱら車中では「マイメロの歌かけて」と言ってきます。
【2017年5月26日の記事をご参照ください

ここ10日くらいで、
よく歌詞を口ずさんでいるなぁ~、などと思っていましたら。
どうやら歌詞を全て覚えたようです。
さすがに英語詞のところは難しいようですが、
「マイネーム」を「マイメロー」と歌っております。

特にお気に入りの部分が、

♪同じ痛みも喜びも 感じられないけれど~

だそうです。
「感じられないけれど~」で、徐々に音程が上がっていきますが、そこが彼女のツボのようです。
う~ん、なかなかいいセンスしているではないか、、、
と、同様の場所で私もツボっておりましたので親ばかです。


欲を言うならば、もっとレパートリー増えて欲しいですがね●



さて本日父の日。
そしてマッキーは福島でライブですか。

以前、軽く触れたかもしれませんが、

現在、うちの父親、骨折中です(@-@;)


遡ること、3ヶ月前。
3月16日です。
翌日より春の彼岸のため、うちの父は母と一緒に墓掃除へ。
はい、その墓場で転倒し、見事に大腿骨頸部骨折

足の付け根のところの大きな骨ですね。


うちの田舎は、佐渡のさらに山奥。
ただでさえ「佐渡」というだけでも田舎なのに、さらに山奥ですからね。
集落も今や20軒ちょっとしかない、本当に僻地の僻地。秘境?ですよ。
未だに、木の電信柱とかありますからね。
夜は電灯もなく、真っ暗闇です。
私は生まれた時からそういうところで育っているのでもう慣れておりますが、
きっと初めて私の実家周辺にいらっしゃる人は、怖くて夜は外に出られませんね。
その代わり、星空はキレイですよ、夏の星空は特に掴めそうな感覚に・・・
さらに今の時期あたりは蛍がたくさん飛んでいます。

まぁ、そんなところの墓場ですからね。
今回の事故現場(?)の墓場にしたって、山を切り開いて集落分の墓を建てた感じ。
墓に行くのに、めっちゃ急斜面。
昔からお墓参りの時は、ばーちゃんに「墓で絶対転ぶな」的なことを言われたもんです。


それなのに、その墓場で父は転んで、ポキっといってしまったそうです。


持病(DM)もあるため、かなり慎重に治療を進めているようです。
職場のPTさんに色々とリサーチしたところ。

だいたい大腿骨頸部骨折の手術は2種類あるそうで。
①人工骨頭置換術
②骨接合術

簡単に言えば、
①は骨頭を人工のものに置き換える、
②はピンやスクリューなどで自分自身の骨の接合をする
方法だそうで。
ちなみに、PTさん情報によると、
①の場合は、手術翌日~3日以内くらいに全負荷をかけられるそう。
つまりは、全体重をかけてすぐに歩く練習ができるってことですかね。
ただ、その反面、人工骨頭部分が壊死したりする可能性もあり再手術とか・・・の可能性も。

うちの父は、DM(糖尿病)持ちのため、血行もすこぶる良くないということ。
まだ、60代ということもあり(この骨折は70代以上に多いそう)、
自分自身の骨の可能性を信じたい!というわけの分からん信念?で②の接合術を選択。


3月16日に緊急手術となり、術後6週間は、絶対非荷重の指示が出ましたー


ここ最近、

「やっと負荷30キロまできたぞ」と張り切っておりましたが・・・

いや、本当にまた歩けるようになるのか?と、いささか心配ではあります。
父も父で心配ですが、それを介護する母の体も心配なのであります(こちらも持病持ち)。
共倒れ、もしくは母が倒れなければいいなぁ、と思う日々でございます。



そんな状況の中、娘の私は愛して止まない槇原敬之さんに現を抜かしておりましたよ●

両親にはできれば長生きしてもらいたいですが、決められた寿命ってやつがあるんでしょうね。
それは、私だってそうですよ。
明日何があるか分からないわけですし。。。起こるべくして起こることも。
避けられない状況って場合もあるでしょうし。


ただ、今回の父の骨折。。。




防げただろうよ~




って、思ってしまうのは結果論ですかね●●●
まぁ、転倒の際に頭部外傷がなかったのがせめてもの救いですかね。
外傷性くも膜下出血や頭蓋内血腫とか、本当に生死を左右するものですからね。泣



とりあえず、8月にじじばば連れての温泉旅行を企画しているため、
その時までにはせめて歩けるようになっていて欲しい、と思っておりますが、どうでしょう。



そんなうちの父親。
AKB48の総選挙は、毎年かかさず観ております。
昨晩も観ていたのだろうか・・・恐ろしいよ、ホントに・・・苦笑




健康一番!何はなくとも健康で毎日過ごしたいものですね。





[PR]
# by momost9520 | 2017-06-18 00:33 | 徒然日記 | Comments(4)

人見知りの遠吠え



ワタクシの愛して止まない槇原敬之氏のファンクラブ。
実は今月6月が継続更新月なんですよね。
6月末までまだ時間があるから、と思っているとあっという間に過ぎますね。
気をつけなければ。
そして、いつからクレジット払いができるようになったのだろう・・・
私は本当に何も知らんのだな、と改めて感じる今日この頃。


先日、あるネットの書き込みに、


「人見知りなので」という人に違和感があります。
それって、何だかコミュニケーションを人任せにしていませんか?
誰だってよく知らない人相手では緊張するし、
それでも和ませよう、とか楽しく会話しようと努力するものだと思います。
「私、人見知りだから_」甘えんじゃないよ、と苛立ちを感じます。
私だけでしょうか?




↑↑↑
上記のような投稿がありました。。。


そうか、、、世間ではこんなふうに感じる人もいるんだね、って思いました。



私は、自分のことはめちゃくちゃ「人見知り」だと思っています。
ついでに言うと、小心者の恥ずかしがりやも一緒についてきます。
でも確かに。

「私、人見知りだから・・・」

と、言い訳をしているのかもしれない、と気付かされました。



ただ、私の場合は時と場所と人を選ぶのです。
ん?これはもはや「人見知り」とは言わないのだろうか???

もちろん、仕事ではしっかり人とコミュニケーション取りますよ、特に患者さん。
患者さんに私が実は人見知りです、と伝えると、

「またまたー、笑わせんじゃないわよー」的な言葉が返ってきます。
言うてみれば、それだけ堂々としゃべることができる自分がいるってことなんでしょうか。
併せて、私は外見的にかなりどっしりしたどすこいタイプですので、
その見た目でも、「そんなバカな」と思われているのかもしれません。。。
おいおい、まるで遠慮がないじゃないか的な。爆
ま、まぁ見た目は自分自身の不摂生の賜物だと思っておりますので、
そこは努力しなければ、、、と感じております。

ただ、「人見知り」に関しては。

慣れてしまえば、大丈夫なんですけどね。

って、そりゃ誰だってそうだろ●って思われてもしょうがないのでしょうかね。


ちなみに、その投稿に関しての色々な意見としては、だいたい二分しておりました。
「そうだよねー」という擁護派と、
「そんなにカリカリしないでよー」という否定派。


でも、昔から薄々は感じておりました。
本当に、「人見知り」という言葉を逃げ道にしているのは自分自身?ですか・・・
あのブドウはきっと酸っぱいはず、じゃないですけど、それで自己防衛しているのかな、と。


私が現在の職についた元々のきっかけは、

「そんな自分を変えたい!」

というものでした。
結果、仕事は好きですし、色々な方と出会えて話せるのは楽しいと感じます。
時に自分の不甲斐なさに涙を流すようなことも多いですが。


まぁ、1シーズンに1回くらいの頻度で、ずどーんと落ち込むこともありますけども。
もう辞めてやるー!ってな感じですが。
まぁ、それは人間だもの、相田みつをさん精神で乗り越えます。
新入職員を募集する際などは、面接員となることも増えてきました昨今。
人事の方ともお会いして、色々な価値観や話を聞く機会もあります。


「自分は人から一体どういう風に見られているか」


という質問をよくされることがあります。
そんな時、自分もふと我に返り、、、「そうだよね」と思います。


「自分が思う自分」と「他人から見た自分」


どのくらいの差があるんでしょうかね。
もしかして、私は私自身のことを「人見知り」と思い込んでいるだけなのか?
いやいや、違う違う、自分は人見知りだしーって。



結局のところ、がつーんと自分の怠惰を指摘されたようで、ショックなんですよね。
世の中には色々な価値観があり、


「あー、この人とは一生相容れることはないんだろうな」


とか思う人もいますよ。
もう大人ですから、そんなに人を嫌いになることはないですが、
やはり「苦手」な人はいますよね。
もう根本的な考え方が全く違う人っておりますよね。
それはそれで、新鮮な意見として貴重ではありますが、、、分かり合うって難しいのだろうか。
だいたい、自分と同じような考えの人が周りには集まってくるんでしょうけどね。



まずは自分が変わらなきゃ、周りは変えられない!ってことなんでしょうね。




・・・とはいっても、「私は人見知りです」って、言っちゃう自分●なさけなー





[PR]
# by momost9520 | 2017-06-14 22:36 | 徒然日記 | Comments(4)

ほぼ放置状態です。でも書くことは好きなんです!ただやみくもに考えていることを言葉で表現することが好きなのです!もはや誰のファンなんですか?と忘れられがちですが槇原敬之さんを愛してやまないアラフォー主婦(腐)の戯言です・・・


by たんぽぽ毛